ゴルフ

5月19日 富谷パブリック 練習ラウンド記

昨日に続き、今日はブランク明け初の富谷パブリックでハーフ練習ラウンド。

家を出る時は曇り空でしたが、ティーオフすると、晴れ間が広がり、絶好のゴルフ日和。天気は言い訳にはできない状況ですわ。

今回は富谷パブリックの練習ラウンドを振り返ります。

今日のスタッツ

H № 10 11 12 13 14 15 16 17 18 TOTAL
YARD 313 452 290 152 440 123 270 104 330 2474
PAR 4 5 4 3 5 3 4 3 4 35
SHOT 3 3 4 2 5 3 3 2 3 28
PAT 2 2 1 1 2 2 2 2 2 16
ERROR 1 0 1 0 2 2 1 1 0 8
TOTAL 5 5 5 3 7 5 5 4 5 44

エラー8つの内訳

今回はパーが2つあったものの、ダボが2つのスコア浪費があり、それも含めてERRORの数は合計8打。

10番では、残り110ヤードから、グリーンに乗せようと力んでダフッてしまい、グリーン脇に外してしまい、結果的にボギー。

12番では、残り120ヤードから9Iを選択してグリーン奥へ打ち込む番手選択ミスで、結果ボギー。

14番は、ドライバーが飛びすぎで突き抜けてしまい、1ペナに。4打目のアプローチもグリーンからこぼれ、アプローチも寄せきれず、結果的にダボ。

15番のショートは、ティーショットを左に引っ掛けて、がけ下にぎりぎり残るも、高い高低差でグリーンには結果3オン2パットのダボ。

16番は、残り110ヤードからひっかけてグリーン左奥に打ち込み、ボギー。

17番は、PWの飛びすぎを警戒して104ヤードをSWでショット。グリーン手前から寄せきれずボギー。

う~ん、色々と見えてきました。

関連記事>>>早朝ハーフラウンドのメリットとは?前編

今日の課題

①冬から春になり、飛距離が確実に伸びている

12番や14番では、自分の感覚以上に、フルスイング時の飛距離が伸びていました。「確かこの位置ならこの番手」と決めてかかっていたので、結果、スコアを浪費することに。

②100~150ヤードのグリーンオン精度を上げる

10番や16番は、これが出来ていたら、スコア浪費を回避できました。

因みに、11番ロングは3打目の150ヤードがきっちりグリーンオンできたので、パーに繋がっています。

③グリーン周りの転がしアプローチの精度を上げる

昨日の反省から、少し強めにヒットさせましたが、裏目に出たホールは、そのままERRORに繋がっています。

逆にうまくいった13番ショートホールはパーに繋がりました。

関連記事>>>ゴルフスコア100を切るための方法とは? 前編

まとめ

昨日に続き、背中の捻転で打つ意識を最優先にした結果、OBはゼロ、ダフリも1回だけで、あとは60点以上のショットを繋ぐことが出来ました。

ただ、スコアに大きく影響する150ヤード以下のショットでは、アプローチ含めて、これからという感じですな。

心配していた肘の具合は、さほど影響を感じないので、自宅練習は毎日、ラウンド練習は週末の積み重ねで、これから進化させていきまっせ!

関連記事>>>ゴルフスコアを効率よく縮める精神点数配分とは?

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。