ゴルフ

9月14日 仙台南ゴルフクラブ ラウンド記と課題 前編~OUT~

直近は、連日残業、残業、残業で、体がクタクタ状態。ブログ更新もままならず、非常にハードな日々でしたが、しんどい事があれば、楽しい事もあるのが人生です。

実は、東北に赴任して初めて、取引先のコンペに参加してきました。しかも、18ホールプレーは、岡山赴任時代から逆算すると、ほぼ2年ぶり。週末の芝の上からの練習がどこまで生きてくるのか、楽しみです。

久々の18ホールコンペはどうだったのか。また、久々のプレーからも見つめ直した課題は何だったのか。

そこで、今回は「9月14日 仙台南ゴルフクラブ ラウンド記と課題 前編~OUT~」をご紹介します。

今日のスタッツ

H № 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
YARD 528 115 326 296 378 427 526 156 406 3158
PAR 5 3 4 4 4 4 5 3 4 36
SHOT 4 1 2 7 4 4 4 3 3 32
PAT 1 2 2 2 1 2 3 2 2 17
ERROR 0 0 0 0 0 2 2 1 0 5
TOTAL 5 3 4 9 5 6 7 5 5 49
H № 10 11 12 13 14 15 16 17 18 TOTAL
YARD 482 337 365 375 165 492 353 177 339 3085
PAR 5 4 4 4 3 5 4 3 4 36
SHOT 3 3 2 3 3 3 2 1 3 23
PAT 2 2 2 2 2 2 2 1 2 17
ERROR 0 1 0 0 1 0 0 0 1 3
TOTAL 5 5 4 5 5 5 4 2 5 40

OUTの振り返り

1番は、ロングホール。

久々のコンペなので、ティーショットは200ヤード飛べばいいや的なショットで、ほぼまっすぐ。2打目は7Iで前進ショット。3打目は同じく7Iで左サイドのバンカーに入れないよう心掛け、花道狙い。4打目は花道からピンそばにつけて1パットのパー。

2番は、ショートホール。

とにかくグリーン真ん中に乗せる事だけ考えてショット。そこから2パットでパー。

3番は、ミドルホール。

左がかなり気になるので、右中間狙いの流し打ち的ショットをイメージし、ほぼまっすぐ。2打目は、グリーン真ん中に乗せる事だけを考えてショット。2パットでパー。

ここまでは、思い通りでしたわ。

しかし、出だし3ホールが良いと、どこかで叩くホールが出てきます。なんせ、実力値以上の結果が出ているので、気を引き締めてと思っていると、魔の4番ホールです。

4番は、距離が短いミドルホール。

200ヤードで池の表示があり、7Iでティーショットし、150ヤード近辺に着弾。ここで大いに迷います。残り150ヤードで手前はグリーン一杯までの池。

しかも奥行きが無く、すぐ森なので打ち込むとOB決定。

迷いに迷って、手前に刻むショットを打つもAWでショットするも、飛びすぎを警戒して大ダフリで40ヤード前進。残り110ヤードからPWで連続して2発池に沈め、3発目でグリーンオン。むぅ、ここで来たか、魔さかの大たたき・・・、9打・・・。

5番は、打ち上げのミドルホール。かなり引きずりながらのティーショットは、トップして150ヤード近辺の左ラフ。そこから出すだけのショットで80ヤード前進。残り130ヤードを9Iでショットするもグリーン手前にショート。何とか踏ん張らなあかんと、同じく9Iで転がしアプローチし、1パットでボギー。

6番は、右ドッグレッグのロングホール。200ヤード近辺を狙ってティーショット。2打目は花道を狙ってマジックマリガン21°でショットするも、左の崖を気にして、右のラフに入れてしまい、3打目は出すだけ。4打目でオンさせ、2パットのダボ。

7番は、ティーショット手前からは池のほぼまっすぐのロングホール。

すぐ左からまっすぐ伸びる林が目に入り、ティーショットは右にスライス。2打目は7Iで前進させるも、ラフからなので、100ヤードしか飛ばず。3打目もラフで7Iで100ヤード前進。4打目を何とかグリーンオンさせるも、堪えきれず、3パットのダボ。

8番はショートホール。ティーショットは右に曲げて、池ポチャ。3打目をオンさせ、2パットでダボ。

9番は、右ドッグレッグのミドルホール。1打目を左端にショット。2打目は、9月13日にGDO中古サイトで購入し、ようやく届いた、初めてショットするマジックマリガンFW 3HLを投入。グリーン手前まで運び、3打目寄せて、2パットのボギー。

前半戦だけで課題山積です・・・。

前半戦の課題

①全ホール ラフに入れないよう、出来るだけフェアウェイの見えるところに打つ。
→富谷パブリックでも課題として挙げてましたが、この時期のラフは、草に力がある上に、草自体も長いので、ハマると出すだけになってしまう、トンデモペナルティーエリア。

とにかく、出来るだけ、目に見える範囲にボールを運ぶことが肝心です。

②4番ホール 刻むのか、攻めるのか、サッと決めて打つ
→引き算のゴルフができていませんでした。4番のティーショットは、マジックマリガン21°でショットすべき。理由は200ヤードから池なので、どれだけナイスショットしても、190ヤードしか飛びません。

そして、2打目を残すなら100ヤード以下。何故なら残り距離で自信があるのは、PW以下だからです。う~ん、それにしても、視覚的に手前の大きな池がかなり効いていました・・・。ネガティブに悩むと、やっぱり良くないですわ・・・。

③6番ホール 2打目のマジックマリガン21°ショットが雑すぎた
→グリーン手前の右バンカーとラフは一番警戒していましたが、左サイドの安全スペースが少ない事が気にかかり、どうしても右に逃げる雑なショットになってしまいました。結果、無駄な2打に繋がります。

結論、花道を狙うべきでした。

前半戦 まとめ

お昼休みに食事をとりながら、自分の課題と反省点をまとめ、後半戦にのぞみま~す。後悔しないよう頑張りますわ。