ゴルフ

7月7日 青葉山ショート 練習ラウンド記

しばらく週末は雨続きです。昨日も雨で、今日はようやく雨も上がって曇りだったので、青葉山ショートコースで練習ラウンドです。

今回のテーマも、いつものように①兎に角グリーンに乗せるか、パターで乗せられるところまで何とか1打目で持っていく事。②ダボ以上のスコアを叩かない事-を軸にラウンドしました。

結果はどうだったのか。

今回は、7月7日 青葉山ショートコース 練習ラウンドをご紹介します。

今日のスタッツ

H № 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
YARD 100 160 83 121 62 66 82 70 56 800
PAR 3 3 3 3 3 3 3 3 3 27
SHOT 2 2 2 2 2 2 2 2 2 18
PAT 2 2 2 2 1 2 1 2 2 16
ERROR 1 0 1 1 0 1 0 1 1 6
TOTAL 4 4 4 4 3 4 3 4 4 34

エラー6つの内訳

今回は、②は達成できましたが、①は達成出来ませんでした。

1番、2番では、1打目で風に押し戻されて、ことごとくショート。

9Iでピンにかなり寄せるも1パットで決めることが出来ず。3番、4番もアプローチがうまくいくものの、1パットで決められず。

6番では、9Iのアプローチを寄せきれず、2パット。8番、9番もショートパットを決めきれませんでした。

関連記事>>>ゴルフスコアを効率よく縮めるゴルフクラブとは?

今日の課題

①ショートコースの練習ラウンドなので、パットは強めに打つ。
→全体的にかなり弱いファーストパット。練習なんだから、強めに打つことですな。

②20ヤードから60ヤードのアプローチの精度を上げる。
→風が強かろうが、弱かろうが、アプローチはあまり関係ありません。

この距離の克服が、スコアアップにつながりますな。

関連記事>>>ショートコースで練習するメリットとは?前編

まとめ

今日は、風が強く、ボールがショートしたり、右に左に流されたり、まぁ自然相手なので、色々ありますな。

それにしても、今年は雨の週末が続いています。早く梅雨が明けて、じっくりハーフラウンド練習に勤しみたいもんですわ。

それまでは、自宅練習中心に頑張りまっせ!

関連記事>>>ゴルフでショートコースをうまく活用する練習方法とは?