ゴルフ

6月23日 青葉山ショート 練習ラウンド記

昨日は雨。ようやく今日は雨も上がって曇りでしたが、青葉山ショートコースで練習ラウンドです。

今回のテーマも、①兎に角グリーンに乗せるか、パターで乗せられるところまで何とか1打目で持っていく事。②ダボ以上のスコアを叩かない事-を軸にラウンドしました。結果はどうだったのか。

今回は、6月23日 青葉山ショートコース 練習ラウンドを振り返ります。

今日のスタッツ

H № 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
YARD 100 160 83 121 62 66 82 70 56 800
PAR 3 3 3 3 3 3 3 3 3 27
SHOT 3 3 2 2 2 2 2 2 2 20
PAT 2 2 2 2 2 2 1 2 1 16
ERROR 2 2 1 1 1 1 0 0 0 8
TOTAL 5 5 4 4 4 4 3 4 3 36

エラー8つの内訳

今回は、①、②共に達成出来ませんでした。

1番、2番では、1打目、2打目共にダフってミスを連続。

3番、4番、5番、6番では、1打目をダフって、グリーン手前にショート。

とにかくダフってばかりのミス連発で、やらもずがなのスコア浪費に繋がりました・・・。

あぁ、ホンマ下手くそですわ・・・。

関連記事>>>ゴルフで雨の日のプレイをうまく乗り切る方法とは?

今日の課題

①雨上がりの芝の上からのショットは、精度を上げる。

恐らく、下半身がグラグラだったんでしょう。兎に角、今日はよくダフりました。

いくらお助けクラブ機能満載のG-MAXといえど、ダフリ方が半端なかったので、飛んでもショートばかり。

しかも2打目のアプローチもダフってばかりなので、出だし2ホール連続で3オンするという、中々厳しい状況に。

②20ヤード~50ヤードのアプローチの精度を高める。

これも、ダフってばかりで、クリーンにヒットできたのは、9番の2打目。実は、9番の1打目もダフって大ショートでした・・・。

とにかく、濡れた芝の上からも、クリーンヒットさせる精度を高めていきます。

関連記事>>>ゴルフでショートコースをうまく活用する練習方法とは?

まとめ

いつものように、練習場で30球程度アプローチからフルスイングまで、ゆっくりスイングの練習も兼ねてやった上で臨みましたが、マットの上と芝の上では全く次元が違う事を思い知らされました・・・。

とにかくクリーンにヒットせず、ダフってばかり。途中から下半身を意識したものの、中々難しい状況からは脱出出来ませんでした。

自宅練習では、1ヤードアプローチの練習を強化して、またイチから頑張りますわ。

関連記事>>>ゴルフ初心者にオススメのゴルフクラブとは?後編