宮城県

1日中満喫できる 宮城「やくらいガーデン 薬師の湯」

今日は休日出勤の振替休日を取得し、「富谷パブリック」で薄暮のハーフラウンド。日が長くなった事もあり、夕方17時30分のクローズ時間までタップリとラウンド+パター練習に勤しめました。

日増しに暑くなっているせいもあり、軽く汗もかいていたので、距離的に近い、「かっぱの湯」の奥に位置する「やくらいガーデン 薬師の湯」にお邪魔してきました。

「かっぱの湯」に行く道中で、何度か見かけた看板に、「どんなとこやろう?」と、以前から興味がそそられていました。

そこで今回は、「やくらいガーデン 薬師の湯」をご紹介します。

施設の特徴

富谷パブリックから国道4号線、457号線、347号線を経由して、仙台市内から1時間ちょっとのところに、「やくらいガーデン 薬師の湯」はあります。

経営は加美町振興公社で、「やくらい地区」と呼ばれるエリアには、薬師の湯のほか、コテージや宿泊施設である林泉館、地ビール製造所や、年中遊べる温水プール「やくらいウォーターパーク」といったレジャー施設が多数あります。

隣接するやくらい土産・山の幸センターでは、朝採野菜の販売や、加美味こうじみそラーメンなどを食することが出来、1日中楽しむことが出来るのも魅力ですな。

関西で例えるなら、三重県の「美杉リゾート」と雰囲気は似ている感じです。

駐車場に車を停めると、平日の夕方にもかかわらず、かなりのクルマの数にびっくり。地元の方を中心に愛されている施設なんだと、ひしひし感じます。

大きい玄関をくぐると、熊のはく製がお出迎え。いきなり目に飛び込んで来るので、びっくりしますわ。館全体が、新しく、清掃も行き届いており、規模も大きい、どっしりとした雰囲気です。

時間が18時をまわっていたので、入浴料は夜間券で500円。コストパフォーマンスは高いです。脱衣場は、床が一面畳で、ある意味気持ちが良いですわ。

関連記事>>>泉ヶ岳の麓で満点の星空も堪能できる 宮城「泉ヶ岳温泉 スパ泉ヶ岳」

お湯の特徴

入浴心得によると、お湯はナトリウム-塩化物泉で、低張性弱アルカリ性温泉。加水はなく、加温、循環、消毒は有の状況とのこと。

施設は内風呂、ジャグジー風呂、打たせ湯とサウナ、水風呂、露天風呂の構成。「かっぱの湯」と同様に、施設全体が新しく、ゴージャスさが全面に出ています。

とりあえず、いつものように、全身浴で肩までザンブと浸かります。久々の日帰り温泉という事もあり、開放感あって、やっぱりたまりませんなぁ・・・。

関連記事>>>ただ、ただ、温泉のみに浸かり、湯を感じ、疲れを癒す 宮城「鳴子温泉 滝の湯」

入ってみて

お湯は少し塩辛いものの、PH値7.6なのでぬるぬる感はない、柔らかいお湯です。無色透明で、温泉臭もさほどしないので、硫黄の香りが苦手な方には、おススメです。

こちらの最大のおススメは、露天風呂。特に周囲を山で囲まれている雰囲気は、少し前の真冬で積雪が激しい頃であれば、雪景色の絶景が楽しめること間違いなし。しかも、真冬の気

温に、露天風呂の温かさが相まって、何とも心地よい感じになるのだろうと、妄想してしまいました。

因みに、風呂上りは、大きな畳敷きの休憩室もあり、ゆっくり寛ぐことが出来ます。


「やくらいガーデン 薬師の湯」は午前中に来て、隣接する施設も楽しみながら、お風呂に、レジャーにと、ゆっくり過ごしたい人におススメです。

関連記事>>>鉄系茶色の濁り湯が体に染みわたる 激熱の源泉かけ流し 宮城蔵王「黄金沢温泉 白鳥荘」

やくらい 薬師の湯
■住所:宮城県加美郡加美町味ケ袋薬来原1−76
■電話:0229-83-3441
■料金:1日券 大人800円、小人400円 2時間券・夜間券 大人500円、小人200円 他
■営業:営業時間 9:00~21:00(最終受付20:30)
■お休み:定休日 毎月第1・3月曜日(祝日の場合は翌日)