宮城県

陸奥国府・多賀城の側にある神社100社合祀されたパワースポット 陸奥総社宮

ご無沙汰ぶりです。

直近は、残業、提案商談、休日出勤などで11連勤。しかも、遠方へ出張も絡み、移動距離も2,500キロオーバー。

いやぁ、40歳も中盤に差し掛かってくると、体力、気力共に、さすがにクタクタですわ。

なので今日は、先日の休日出勤の代休を取得。

身も心もリフレッシュ、リセットしたいと思い、暫くぶりの神社参拝に出かけてきました。

参拝したのは、陸奥国の神社100社が合祀された「陸奥総社宮」。

先月、行きつけの散髪屋さんで、マスターから「地元の人が参拝する神社」として紹介され、大いに気になっていた為ですな。

そこで今回は、陸奥国府・多賀城の側にある神社100社合祀されたパワースポット「陸奥総社宮」をご紹介します。

奥総社宮の成立ちと御祭神

陸奥総社宮の成立ちを調べるために、ホームページをのぞいてみました。

本社の鎮座年月は明らかではありませんが、往古陸奥国の府内にして陸奥国府に属する総社で、かつて歴代の国司の奉斎したところとなります。

国司は任国内の諸社に神拝することが定められていましたが、巡拝の手間を省くため、国内の神社を一箇所に集めて詣でることが広まりました。

当社は陸奥国府多賀城に赴任した国司が、多賀城東門の近くに合祀勧請したのが始まりとされています。

鎌倉時代には、奥州留守職伊澤氏が国司に代り祭祀料として三干刈の地を寄進したと言われています。

また、伊達政宗公も当社の再興に意を注ぎ、別当寺市川山神奏院(真言 塩憲法法蓮寺末寺)を置いて社務を行いました。歴代藩主の尊崇篤く、親拝代参などがあったとされ、世間一般からも篤い信仰を受けました。

明治四年十月に村社列格。明治四十一年には貴船神社外七社を合併し、大正十二年八月に供進社に指定されました。
~陸奥総社宮HPより~

つまり、国司が仕事の一つである神社参拝を簡略化する為に、神社を1つにまとめて合祀した陸奥国神社と言うわけですな。

ちなみに、御祭神は八塩道老翁神、八塩道老女神の2柱。

八塩道老翁神は恐らく塩土老翁神と同じ神様との事なので、もしそうなら、鹽竈神社の「別宮」に祀られている神様と同じ。

また、八塩道老翁神と八塩道老女神という男女の神になっているのも、伊弉諾尊、伊弉冉尊という夫婦神を連想させ、なんとも興味深いところですなぁ。

学者ではなく、まだまだ学び途中なので、よく分かりませんが、古のロマンを感じます。

関連記事>>>鳴子温泉街を見守る 「鳴子神社」

岡山県の総社宮とは

そう言えば、前赴任地である岡山県に総社市と言うところがあったのを思い出しました。

まさかと思い、岡山県総社市の名前の由来を「岡山の街角から」というホームページで調べてみると、

総社市の地名の由来は、備中の総社宮の所在地であることです。

総社市の起源となる『総社村』が誕生、後に町制、市制を敷いて、2005年に山手村、清音村と合併して現在の総社市となりました。

その地名の由来となった総社は地名の総社と混同しないように『総社宮』と呼ばれ、現在でも地域の人々からの厚い信仰を集めています。

特に総社市の総社宮は全国各地の『総社』の中でも、大きな物の一つに数えられるそうです。
~岡山の街角からHPより~

岡山赴任時は、現在ほど神社に興味が無かったので、総社市の名前の意味すら調べようと思いませんでしたが、名前の由来はここからきていたんだなぁと、初めて理解できました。

ちなみに、岡山県の総社宮は「備中国総社宮」「備前国総社宮」の2社。

「備中国総社宮」は、備中国内304社の神、「備前国総社宮」は、備前国内128社の神が祀られています。

興味から遡っていくと、学校の歴史では習わなかったことがどんどん出てきます。神社の形態も様々あると、勉強になります。

関連記事>>>海上に浮かぶその様はまさに世界遺産 広島「安芸の宮島 厳島神社」

陸奥総社宮への道のり

「陸奥総社宮」へは、仙台市内から国道45号線を経由して、多賀城方面へ約25分のところにあります。

地名にもなっている「多賀城」は、奈良時代から平安時代に陸奥国府や鎮守府が置かれ、11世紀中頃までの東北地方の政治・軍事・文化の中心地であった場所。

なので、すぐ近くに陸奥総社宮が造られたのは、ある意味理にかなった事なのかもしれません。

関連記事>>>時の実力者の厚い庇護を受けた 日本最古の八幡宮 「誉田八幡宮」

参拝してみて

神社のすぐ脇にある、小さめの駐車場に車を止めて、参拝に向かいます。

正面から拝殿まですっと見通せるこぢんまり感と、老齢巨木に囲まれた神秘感は、一朝一夕には醸し出せないパワースポット感満点です。

手前の塀には、合祀されている神社の一覧が掲示されていました。

手水舎で手を清め、感謝の気持ちを込め、二礼二拍手一礼で参拝します。

本当に、久々の参拝です。

日々の仕事に追われて、あっという間に時が経ちましたが、そうこうできるのも、健康あればこそ。感謝、感謝ですな。

最後に、巨木に手で触れて、パワーをもらいました。

多賀城の近くにあり、古のロマンを感じたい方にオススメです。

関連記事>>>御祭神がオールスター 秘境パワースポット 奈良「玉置神社」

陸奥総社宮
■住所:宮城県多賀城市市川字奏社1番地
■電話:022-368-8065