山形県

複雑な路地裏が懐かしい昭和のあの頃を思い出させてくれる 山形「かみのやま温泉 二日町 共同浴場」

今年は、5月の連休明けにグッと暑くなり、酷暑なのかなぁと思いきや、それからはずっと梅雨寒続き。しかも、週末は曇りか雨とくれば、ゴルフのショートコースやハーフラウンド練習は、天気との相談で、直近は中々行けていません。

まぁ、お天気の神様には勝てませんので、梅雨明け一気に、芝の上から練習できるよう、お金を貯めて、自宅練習に勤しみます。

ただ、梅雨寒は、まだまだ温泉を楽しめる時期でもあります。

お天気の神様から「温泉に行っといで」と言われている(?)ような気がしたので、今日は山形の共同浴場にお邪魔してきました。

そこで今回は「二日町 共同浴場」をご紹介します。

施設の特徴

「かみのやま温泉 二日町共同浴場」は、仙台市内から国道48号線を経由して約2時間、かみのやま温泉郷の中にあります。

Googlemapでナビ設定をし、近くまで来ると、どうしても通る事の出来ない路地に出くわし右往左往状態。その後、迂回した道路で、運よく二日町の町営駐車場に遭遇し、車を停めることが出来ました。鳴子温泉と同様、臨時駐車場や町営駐車場を活用しましょう。

さて、車を降り、案内看板に誘われ進むと、何とまぁ懐かしい路地裏に。その昔、亡くなった祖父に手を引かれ、近くの神社に通った路地の雰囲気にそっくりですわ。

しかも、路地裏に面した窓からテレビやらラジオの音が漏れていて、生活感があふれています。

思わず深呼吸し、路地裏の、あの頃の空気を思いっきり吸い込みました。何かタイムスリップしたみたいで、ええですなぁ。

そうこうしているうちに、「二日町共同浴場に」に到着。路地裏の一番奥にあります。

自動券売機で入浴料を支払いますが、入浴料は大人150円、洗髪券が100円で合計250円也。

温泉大国山形ならではの、破格のお値段。素晴らしいの一言ですな。

関連記事>>>自然という神様が人にあたえたもう奇跡の露天風呂 山形「蔵王温泉 大露天風呂」

お湯の特徴

受付の上部に掲示されている「温泉利用の注意」によると、泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。貴重品は無料のロッカーがあり、脱衣場は棚に置くパターン。

早速、無料の貴重品ロッカーに預け入れ、受付をすると、洗髪券なる板をお母さんから手渡されます。「洗髪券の札をたてて、奥のシャワーを使って髪を洗ってください」とのこと。

意味が分からず、とりあえず洗髪券なるものを購入しましたが、洗髪券が無いと逆に洗髪できないという共同浴場。ならば、入浴料250円にすれば、分かりやすいのになぁ、とも思いますな。世の中には、色んな共同浴場のスタイルがあるもんです。

脱衣場から浴場へ。

いつものごとく、かかり湯をして肩までザンブと全身浴です。ふはぁ、毎度毎度この瞬間がたまりません・・・。

関連記事>>>高泉質の異なる3つの源泉が一度に堪能できる源泉かけ流し 山形「寒河江花咲か温泉 ゆ~チェリー」

入ってみて

施設は、内風呂2つと洗い場という構成。洗い場はお母さんの説明通り、奥にシャワー付きのカランが2つ、手前に普通のカランが4つあります。

お湯はPH7.9なので、そこまでぬるぬる感はありませんが、柔らかいお湯です。特に塩辛くなく、湯の花は無いものの、透き通るような無色透明のお湯で、ほとんど温泉臭がしないので、ニオイが苦手な方にもおススメです。

内風呂2つの内、まず大きい内風呂に入浴していて目に留まったのが、源泉を注いでいる器の周りに出来ているポツポツした白い突起物。恐らく源泉の成分が結晶化し、貼りていているものと推測されます。いやぁ、物凄い!

全身浴、腰湯含めて十分温まった後、早速洗髪券を立てて、持参したマイ石鹸で体を洗った後、小さい内風呂に入浴すると・・・。

「熱い、アツイ、あちぃ」と、3秒で脱出。う~ん、今まで「豆板温泉 三峰荘」「黄金沢温泉 白鳥荘」「遠刈田温泉 壽の湯」など、数々の激熱温泉を経験してきましたが、このレベルは、ほぼ初めて。

気を取り直して、水シャワーを十分に浴び、もう一度トライ。「う~ん、気持ちいい・・・」と思うのもつかの間、足の指先から差すような激熱の力に負けて、1分も持たず、脱出。何度か水シャワーを浴びて、トライましたが、結果は同じでした。

諦めて、大きい内風呂に再度全身浴すると、やっぱり気持ちがいいもんです。半身浴と水シャワーの行き来で、心行くまでゆっくりすることが出来ました。

さて、共同浴場のローカルルールに従い、上がる時に「お先です」と声をかけたものの、返事はナシ・・・。地域によって、いろいろあるんですかねぇ。

ただ、簡素ながらも少額で実力値が高いので、共同浴場には、これからも色々とお邪魔したいと思います。

純粋に温泉を楽しみたい人におススメです。

関連記事>>>日毎に温泉の色が変化する 山形「舟唄温泉 テルメ柏陵 大江町健康温泉館」

かみのやま温泉 二日町共同浴場
■住所:山形県上山市二日町5−21−6
■電話:023-672-3501
■料金:入浴料 中学生以上150円、小学生100円、小学生以前 無料、洗髪料100円
■営業:6:00~22:00
■お休み:なし