自己紹介

ゴルフとの出会いは、今から約20年前。

社会人1年生で接待にも必要だからと、当時の上司の甘い言葉に誘われて、最初は何気なく始めたのがきっかけでした。

しかしこれが苦難と希望の始まりなるとは・・。

デビュー戦で219というトンデモスコアをだし、「やめてまえ」との言葉と共に、スクラッチという名の握り上納金8万円(記憶が定かでない)が上司によって巻き上げ。

絶対やめようと思うも、このままではやられっ放しやから、絶対見返してやると一念発起。

あれよあれよという間にハマってしまいました。

日々の仕事のうるささから解放され、澄んだ空気、木々の騒めき、草のニオイを感じる早朝コースの雰囲気から、「生きててホンマによかったなぁ」と心から思える自分がそこにいます。

また、ゴルフを通じて今までさほど知らなかった人たちとの親睦を深められることや、二度と同じ局面はないであろう、一期一会の連続を味わう事の出来る有意義さは、何物にも代えがたいなぁと、今でもつくづく思います。

限られたお小遣いや時間の中から、どうすれば、ゴルフを楽しみながら上達できるのか。日々試行錯誤しながら、トライしています。

単身赴任を始めたのは、2017年の春から。

学生、独身時代共に親元で生活していたため、食事や日々の生活は誰かに頼りっぱなしであった私に、ある意味初めて「自立生活」をする事に。

愛する家族と離れて、1人で仕事に取り組み、日々暮らすことの辛さがあるなぁと思う反面、同時に1人の自由時間を持ちえた今だからこそ、日々の生活を出来るだけポジティブに楽しみたいと思っています。

そんな中で、ゴルフと趣味の両輪をなしているのが、温泉とグルメ。

温泉は、約10年前に弟と和歌山県の「源泉かけ流し かつらぎ温泉 八風の湯」の前身の施設名だった「蔵乃湯温泉 野半の里 蔵乃湯 老鶴館」時に入浴し、温泉と水風呂の気持ちよさ、心地よさに目覚めました。

それから、事あるごとに生活範囲の中で温泉を探して入浴し、色んなお湯の温泉が日本という国にはあるんやなぁと、実感しています。

自分の趣味を通じて、少しでも有益な情報をお伝えできれば・・・、と思い日々更新しております。