グルメ

福島グルメ 贅沢なランチを安価に楽しみたいなら「東や」、あれこれメニューで迷いたいなら「みつわ食堂」

福島も山形と同様に、個人経営で頑張っているお店が、本当にたくさんあります。その中でも、特にいわき市内は、多くのお店が頑張って展開しています。

そこで今回は、贅沢なランチを楽しむなら「東屋」、多くのメニューで迷いたいなら「みつわ食堂」をご紹介します。

贅沢なランチを安価に楽しみたいなら「東や」

「東や」は、仙台市内から約2時間30分、福島県いわき市の福島県道56号線沿いにあります。

真っ黒な色の外観は、それだけで、周囲の建物とは異なる、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

取引先との商談が少し早く終わり、窓口担当者と共に来訪したのは、お昼前の11時40分頃。しかし、お店は満員の一歩手前で、何とかカウンター席に滑り込むことが出来ました。

「東や」のメニューの特徴は、魚が美味しい事。

とりわけ、煮魚やお刺身、お吸い物は特筆もの。しかも全体的に品数と量が充実しています。今回注文したメニューは、私のお気に入りである「刺身と天ぷら定食」。

その名の通り、刺身と天ぷらがいっぺんに食することが出来るという、スペシャルなメニューですな。

食事が運ばれてくるまでの時間、メニューをぱらぱらとめくると、他にも様々なコストパフォーマンスの良いメニューがたくさんあります。お昼のランチだけでなく、夜も色んな意味で充実しているのが伺えます。

さて、そうこうしているうちに「刺身と天ぷら定食」が運ばれてきました。

見て下さい、このボリューム。普段の2食分に匹敵するぐらいの品数の多さで、1,200円です。単身赴任では、スーパーで販売されているお刺身の量が多い事もあり、中々食べる機会がありません。

ですので、ランチで食べることが出来るとなると、ついつい、熱々の天ぷらと一緒に注文してしまいます。じっくり味わいながら、完食です。

因みに、同店の天かすの持ち帰りが自由という嬉しいお土産サービスも。

自宅に帰っても、うどんなどに天かすを入れて楽しめるという、2度おいしいパターンですな。

次は、煮魚定食を注文しますわ。

関連記事>>>宮城グルメ 超私選の宮城ラーメン四天王 鶏の「くまがい」・醤油の「伊藤商店」

地魚料理 東や
■住所:福島県いわき市植田町本町三丁目2の9
■電話:0246-63-2961
■営業:11:30~13:30 17:00~22:00
■お休み:日曜日

あれこれメニューで迷いたいなら「みつわ食堂」

「みつわ食堂」は、仙台市内から約2時間30分、福島県道15号線沿いにあります。

外観、店内ともに昭和の香り満点で、その昔、祖父に連れられて、お昼時によく行った大衆食堂の雰囲気がそのまま、現代に引き継がれている、そんなお店です。

もちろん、雰囲気だけではありません。

店主であるお母さんも、その雰囲気をそのまま引き継いでいます。取引先の窓口担当者と気さくに話をする雰囲気は、コミュニケーション不足が叫ばれているこのご時世では、非常に稀ではありますが、昭和の時代では当たり前にあった光景を思い出させてくれます。

みつわ食堂のもう一つの特徴は、メニューが豊富なこと。

ラーメンやカレーライス、かつ丼などの定番メニューから、もつ炒め定食など、幅広く充実したラインナップであれこれ迷ってしまいます。

さて、今日注文したのは、五目かた焼きそば。

私のお気に入りのメニューの一つです。運ばれてくるまで、サラダバイキングで、マカロニサラダをセルフ盛り。少しずつ食べていると、五目かた焼きそばが運ばれてきました。

シャキシャキの野菜に濃いめの餡と、お決まりの鶉卵に、豚肉、そして太麺の揚げ麺が絶妙に絡みあり、あっという間に完食です。

地元の人が、後から数人来店し、持つ炒め定食などを注文。お母さんとのやり取りを聞くと、何故かホッとする居心地の良さも感じますな。

次は、もつ炒め定食を食べに伺いますわ。

関連記事>>>福島グルメ コストパフォーマンス高い「お食事処 おかめ」と懐かしい昭和醤油ラーメン「なぎさ亭」

みつわ食堂
■住所:福島県いわき市小名浜字松之中9
■電話:0246-92-4746
■営業:11:00~19:00
■お休み:日曜日