グルメ

福島グルメ コストパフォーマンス高い「お食事処 おかめ」と懐かしい昭和醤油ラーメン「なぎさ亭」

出張で福島へ行くと、仙台や山形とは少し違ったランチを楽しむことが出来ます。

そこで今回は「お食事処 おかめ」と「なぎさ亭」をご紹介します。

高コストパフォーマンスを感じる「お食事処 おかめ」

「お食事処 おかめ」は、JR常磐線の湯本駅から徒歩1分の場所にあります。

懇意にしている取引先の担当者から「桁違いのコストパフォーマンスで、おススメのランチですよ」と勧められたのが今回お邪魔したきっかけ。西日本でも、十分にコストパフォーマンスの高いランチを経験してきましたが、果たして福島でのコストパフォーマンスのレベルに期待です。

さて、外観は普通のお店ですが、店内に入るとびっくりです。

まず目に飛び込んできたのが、芸能人のサイン色紙。かなりの数があります。

また、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」のポスター、それから世界各国の紙幣を集めたコルク板など、世界の殿堂「ドン・キホーテ」並みに、一体何があるんやろうとワクワクさせてくれます。おっと、見入っている場合やない、ランチを注文せねば・・・。

ランチは2種類で「おかめランチ」と「ひょっとこランチ」の2種類。まぁ、メニュー画像を見てくださいな。

おかめランチは豚のヒレカツと魚のフライ、サンマのかば焼きにもろもろ付いたセット。ひょとこランチは、刺身の漬け丼に揚げ出し豆腐、もろもろセットで各880円也。

いやぁ、この内容で880円は中々ありませんなぁ。せいぜい、主力のおかずがどれか一つで他もろもろならよくある話ですが、全部セットとなるとかなりボリューミーです。おかみさんにおススメを聞くと、好みでどうぞとのこと。

40台も中盤になると、量が難しくなる今日この頃です。ですので、おかめランチはきついと判断し、ひょっとこランチを注文しました。

因みに、注文して待っている間、店内にある世界各国の紙幣を集めたコルク板をじぃっと眺めていると、何と懐かしい紙幣を発見。そう、岩倉具視の500円札です。なつかしぃなぁ、もう。一番最初にもらったお年玉が500円で、当時500円札一枚がポチ袋に入っていたのを思い出します。そういえば、実家の学習机の中に、今でも残っているかも・・・。

懐かしさ全開でいると、料理が運ばれてきました。

なるほど、これはコストパフォーマンスが高いですな。

もちろんづけ丼や、揚げ出し豆腐も美味しいのですが、特筆すべきはお味噌汁。単純に豆腐や若芽が入っているだけでなく、大量の海苔が、更に風味を良くしています。みそ汁が旨いと、ランチも更に美味しくなります。

因みに夜は居酒屋として営業しチエルとのこと。

次回は、紹介してくれた担当者と飲みに行きますか!

関連記事>>>福島グルメ 久々に食した本格カレーうどんの「香蔵」と蕎麦とカツ丼の「鈴石屋」

お食事処 おかめ
■住所:福島県いわき市常磐湯本町天王崎84
■電話:0246-43-3338
■営業:AM11:00~翌2:30  日曜営業
■お休み:無し

久々に美味い昭和の醤油ラーメン「なぎさ亭」

「なぎさ亭」は、国道6号線から東に入ったところにあります。

この「なぎさ亭」の近くにある取引先の支店長から「美味しい昭和の醤油ラーメンならここ」と紹介されたのがきっかけですな。令和の始まりに昭和の醤油ラーメンを食する機会が到来するとは・・・。これは行かねばとの思いでやってきた次第ですわ。

店舗の外観は、昭和の香りプンプン漂います。店内も想像通り、昭和の香りプンプンです。11時30分頃で店内は6名のお客さん。しかも6人中5人がラーメンという指名率の高さ。私も負けじとラーメン大盛(650円)を注文します。

私の中で昭和の醤油ラーメンや中華そばの基軸となるのが、京都の「第一旭」「新福菜館」。JR京都駅をから徒歩5分の所にある両店は、互いに競い合うかの如く、高いレベルのラーメンとして多くのファンに親しまれています。

因みにお水はセルフサービス。今や懐かしのウォータークーラーから注ぐタイプで、昔の部活動を思い出します。あぁ、あの頃も昭和やったなぁ。

そんな懐かしさに浸っていると、ラーメンが運ばれてきました。

さすがに「第一旭」や「新福菜館」越えとはなりませんでしたが、かなりの高レベル。しかも、スープが良くしみるタイプのチャーシューで、ご飯が欲しくなります。今回は大盛でしたので、ご飯は注文してませんでしたが、麺とチャーシューとスープのローテであっさり完食です。

地元の人が老若男女問わず、ひっきりなしに来店していました。ただ、営業時間が短めなので、ご注意を。

次回は、チャーシュー麺にご飯のセットで注文しますわ。

関連記事>>>コストパフォーマンスの高さと味を求めるなら 山形「そば処 すぎ」「あさひ食堂」

なぎさ亭
■住所:福島県いわき市西君ケ塚町15-20
■電話:0246-92-3801
■営業:10:00~13:00
■お休み:日曜日

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。