クルマ

着座位置の低いスポーツカーの雰囲気満点 プリウス 試乗記

愛車が急遽故障してしまい、今回任意保険会社に手配してもらった代車がトヨタの「プリウス」。

ディーラーからは、修理の為、返却に少し時間がかかるとのことで、暫くの間、私の相棒としての役割を担ってもらう事になりました。

今やカローラに取って代わった、トヨタの大衆車「プリウス」の実力は如何に?

そこで今回は、トヨタ プリウスの試乗記をご紹介します。

低い着座位置からダッシュボードを見下ろす新鮮な運転感覚

運転席に乗り込んだ第一印象は、「うん?何かスポーツカーみたいにハンドルも小さく、視線が低い」と感じるほど、着座位置を低く感じます。

しかも、ダッシュボードが自分の視線よりもさらに低く、見下ろす感じになるのが、ある意味新鮮。

営業車として使用しているホンダのフィットの場合は、着座位置よりもダッシュボードが高く、見上げて運転する感覚なので、大衆車でありながら、こういう運転席の表現もあるんだなぁと、感心してしまいました。

内装インテリア

センターメーターで、速度がデジタル表示なので、分かりやすい。しかも、大きい2個の液晶モニターで様々な状況が表示され、ちょっとした宇宙船のような雰囲気があります。

内装は全体的にプラスチッキーですが、正直そこは個人的にこだわりが無いので、そんなものと捉えています。

ただ、ギアが完全におもちゃ扱い。

ハイブリッド車全般に言える事ですが、ガソリン車と比較して、ギア自体が小さく、レバーの操作範囲も小さく、パーキングがプッシュボタンになっているなど、ある程度慣れが必要だと思います。

室内空間

大衆車のセダンなので、当初は期待していませんでしたが、着座位置が低い事もあり、天井の低さによる圧迫感は皆無。

後席も、足元のスペースが広く、リラックスして座ることが出来ます。

また、3ナンバー車の為、扱いづらさがあるのかなと思っていましたが、こちらも意外や意外、駐車場で車を停める時などは、見切りの良さから簡単に車を駐車スペースに止めることが出来ました。

唯一違和感を覚えたのが、バックミラーから見る視界状況。

プリウスはハッチバックタイプなので、リヤガラスの範囲が狭く、上下に分割されているので、ここはある程度の慣れが必要かと思います。

燃費と走行性能

今回の代車は、レンタカーで約70,000キロを走行。燃費は平均で25.4キロと、私の愛車の2.5倍という驚異的な燃費を表示しています。

感覚的にゲージの半分以上、バッテリー残量が残っていると、アクセルをぐっと踏み込まない限り、EV走行が持続し巡航速度まで持っていけます。

少し強めに踏むと、すぐエンジンが掛かります。速度が20キロ前後でエンジンが始動するとそこから巡航速度までモーターのアシストが入るので、かなり楽に加速できます。

アクセルを緩めるとモーターアシストが停止されます。体感できるくらいモーターのアシストの力が発揮されてると分かります。

乗り心地は、非常に静かで、良い感じですな。

まとめ

良い意味で裏切られています。

大衆車をここまでスポーツテイストに振っていて、でも運転はしやすく、燃費も良い。

デザインは、少しカエルっぽい印象で、無難なトヨタにしては斬新なデザインだなぁと思わざるをえませんが、これも慣れてくれば、可愛いもの。

今まで主としてホンダ車を乗り継いできましたが、トヨタ車の良さを体感できています。

う~ん、愛車は故障がちになり、次のクルマをどうするか?悩ましいところですな。