ゴルフ

早朝ハーフラウンドのメリットとは?後編

さて、昨日の続編です。

様々なアプローチ練習をすることが出来る

ショートコースの練習にも通じますが、SWだけでなく、9Iや7Iでグリーン周りや花道から転がすアプローチの練習にも最適です。

アプローチはSWと頭から決めてかからずに、グリーンの転がせるところからはパターで寄せるなどの練習を数多くしましょう。

SWで上げて寄せるよりも、転がしのアプローチの方が簡単です。番手事にピンの手前のどこに1回目のバウンドを付けたら、うまくピンによるのか、転がしの距離感を養うようにしましょう。

ゴルフスコアを効率よく縮めるゴルフクラブとは?ゴルフをプレイするに当たって、クラブを選択した理由は、人それぞれ理由があります。 「先輩にもらったから」「自分の好きなメーカーやブ...

遅くとも10時には終了し、1日を有効に使える。

これも非常に需要なポイントです。

18ホールを回る場合、大体朝6時に自宅を出発し、7時30分頃にゴルフクラブに到着して、8時30分にスタート。11時に前半が終わり、お昼ご飯を挟んで12時に後半戦スタート。14時30分に後半戦から上がって、お風呂と反省会をするとざっと終了が16時、帰宅が17時頃と、1日仕事になります。

これが宮城の富谷パブリックのハーフラウンドになると、朝6時に自宅を出発し、コースに6時40分到着、そのまますぐにスタートして、8時15分ごろにはハーフラウンドが終了。そのままパターやアプローチ練習をして、上りが9時15分。

その後、日帰り温泉施設に立ち寄り汗を流し、11時過ぎには自宅に帰っています。昼からは、家の掃除やスーパーへの買い物、図書館などに行き、借りたい本を探し夕方まで過ごします。

つまり、1日を有意義に過ごせるのです。ゴルフはやりたいけど、単身赴任で自分のことは自分でしなくちゃならないから・・・、と思い悩むなら、ハーフラウンドをおススメします。

18ホールを2日連続やりきるのは、体力的にも時間的にも、金銭的にも厳しいですが、ハーフラウンドの2日連続なら可能だと思います。しかも、芝の上から練習が2日連続です。これ以上の幸せはありませんなぁ。

ゴルフを効率よく上達し、スコアを縮める為の方法とは?厳しい寒さもようやく峠を越え、徐々に春に向かって季節が動き出しているのを実感する今日この頃ですな。最高気温も10℃近くになってくると、ゴ...

7本縛りで、シンプルにコースマネジメントが出来る
芝の上からの練習で、ミスの経験値が格段に上がり、課題が明確になる。

私の7本レギュラーメンバーは、1W、4U、7I、9I、PW、SW、PT。1Wがたまに3Wや5Wに代わりますが、それ以外は固定メンバーです。

何故なら、この7本で事足りることに気が付いたからです。富谷パブリックの場合、300ヤード未満のホールは4Uで大体160ヤード。残りは7Iで打ってグリーン周りに運び、9Iで寄せて2パットのボギー。300ヤード以上のミドルコースでも1Wで大体220ヤード、7Iで140ヤード打って、9IかSWでグリーンに乗せて2パットのボギー作戦を実際に出来るからです。

この7本でバーディは出たことはありませんが、パーは取れます。特に9I、PW、SWの飛距離の階段が絶妙。以前はPWの代わりに5Wを使用していた時期もありましたが、9IとSWとの飛距離の階段が大きく、ミスを連発。特に100ヤード前後を9Iのハーフショットで打ち切るのは非常に難しく、奥へ打ち込んだり、手前へショートしたりと無駄なスコアの浪費をしていると実感。

それに引き換え、バッグに入れている5Wの出番の少ない事に気が付きます。使用する場面は300ヤード未満のホールのティーショットが、ロングの2打目のどちらか。

つまり、実は上の番手ほど、スコアを減らすゴルフには必要がない事を、7本プレーで体感できたことが大きいです。

このようにいろいろ試しながら、芝の上で練習を重ねてくると、ゴルフのクラブは14本も必要なく、逆に少ない本数でプレーすれば、同じ番手で打つ回数も上がるため、再現性の確率が上がることも分かります。

是非ハーフラウンドでゴルフのスキルと思考力を養いませんか?

ショートコースで練習するメリットとは?前編お日様がときおり顔を出しているので、暖かいかなぁと思って外へ出ると、やっぱりまだまだ寒いですな東北は。関西出身なので、特に山形の雪深さを...