グルメ

広島グルメ 関西のお好み焼きより美味しい 広島焼の「田の久 五日市総本店」

広島赴任時には、多くのグルメに出会いました。

その中でも、広島焼きは、関西のお好み焼きよりも大好物になり、週末は当時幼かった子供と一緒に、毎週のように食べていたもんです。

今回の夏休みの旅行でも、家族のリクエスト№1は広島焼き。久々に食した味とはいかに?

そこで今回は、関西のお好み焼きより美味しい「田の久 五日市総本店」をご紹介します。

関西のお好み焼きより美味しい 広島焼の「田の久 五日市総本店」

「田の久 五日市総本店」は、広島県道290号線の五日市中央4丁目16番交差点に面したところにあります。

五日市には、「田の久」の他にもう1軒、広島焼きの名店「八昌」がすぐ近くにありますが、個人的には、「八昌」の大将による黙々と広島焼きを焼き上げる雰囲気が家族にとって馴染めず、「田の久」のアットフォームな雰囲気に惹かれていきました。

広島焼きは、薄く曳いた生地の上に大盛のキャベツ、そして肉と麺と卵を乗せ、じっくりと焼き上げます。

関西のお好み焼きは、ある意味粉っぽさを感じますが、広島焼きは、麺を主体としたお好み焼きなので、全く粉っぽくありません。関西のお好み焼きの特徴である、胃にドーンとくる感覚ではなく、ライトな感じ。

因みに関西のお好み焼きで麺をプラスしたものが「モダン焼き」になりますが、勿論通常のお好み焼きである豚玉と比較して、料金はアップ。コストパフォーマンスでも、広島焼きに軍配が上がります。

今回は、懐かしの肉玉そば(760円)を家族分注文しました。

ふと机の上を見ると、「オタフクソース」とS&Bの「粉ガーリック」を発見。共に焼きあがった広島焼きを更に美味しく食する為に、掛け増しする欠かせないアイテムです。

この「オタフクソース」。関西在住の頃は、「イカリソース」しか知りませんでした・・・。

因みに、広島焼きのお店では、マヨネーズのボトルはありません。小さい子袋のマヨネーズが渡され、その分量のみが無料。もう少し掛け増ししたい場合は、追加料金がかかる制度になります。

「焼きあがりましたよ~、お待たせしました」と待つこと10分。お待ちかねの肉玉そばが登場です。

テーブルの鉄板に移された広島焼きに、オタフクソースを掛け増しし、マヨネーズと青のりをふんだんにトッピング。

小手で8分割したのち、ガーリックを振りかけ食すると、何とも言えない懐かしい味が口に広がります。

まだ子供が幼かった頃は、家族分として肉玉そばダブルを2つ注文し、家族で取り分けて食べていました。まぁ、コストパフォーマンスの高いこと。

今はさすがに1人前ずつですが、それでも他の外食と比較してかなりお安め。それでいてライトに美味しいので、ハマってしまう訳ですな。あっという間に家族ともども、完食です。

やっぱり関西のお好み焼きより、広島焼きの方が美味い!改めて思いましたわ。

広島観光される際は、是非立ち寄って、美味しい広島焼きを食べて見てください。広島グルメの一押しです。

田の久 五日市総本店
■住所:広島県広島市佐伯区五日市中央2丁目1−35
■電話:082-921-5399
■営業:11:00~22:00
■お休み:水曜日