グルメ

山形グルメ 西日本にはない冷たいラーメンの「湯蕎庵 味津肥盧」と鶏ごぼうラーメンが美味しい「麺家 かぐら」

単身赴任の醍醐味の一つは、ご当地グルメを堪能する事。

特に今まで食したことの無いメニューや、ボリューミーでコストパフォーマンスの高いメニュー内容、はたまた店舗の雰囲気や気さくなお母さんとのやり取りは、まさに一期一会だなぁと、最近ではつくづく思います。

そこで今回は、西日本にはない冷たいラーメンの「湯蕎庵 味津肥盧」と、鶏ごぼうラーメンが美味しい「麺家 かぐら」をご紹介します。

西日本にはない冷たいラーメンの「湯蕎庵 味津肥盧」

「湯蕎庵 味津肥盧」は、仙台市内から約2時間、国道13号線を東に入った、かみのやま温泉郷にあります。

「二日町共同浴場」でゆっくり疲れを癒した後、かなりお腹が空いたので、番台のお母さんにおススメのお昼ご飯はと尋ねると、「湯蕎庵 味津肥盧」を紹介されたのが、今回訪れたきっかけです。

クルマをそのまま二日町町営駐車場に止めたまま、徒歩でお店まで向かいました。

この辺りは、「二日町共同浴場」でもご紹介しましたが、路地裏の街並みの佇まいが、何とも言えない、昭和の雰囲気を醸し出しています。

その昔、関西テレビで「ZIP探偵団」という、エリア探索番組が放映されていました。

原田伸郎、佐藤蛾次郎といったキャストが、週替わりで関西のあちこちのエリアを探索するという番組です。今でいう「ブラタモリ」の学術的要素を取り除いた番組ですな。まぁ、その番組でも路地裏に迷い込んでいましたが、当時の番組で放映されていた雰囲気がそっくりです。

さて、かみのやま温泉の様々なホテルが立ち並ぶメイン通りに出ると、雰囲気は温泉街へとがらりと変わります。やっぱり、観光地の雰囲気もいいもんです。

ゆるい坂を上り、足湯の道を挟んで真向かいにある「湯蕎庵 味津肥盧」にたどり着きました。

店内に入ると、外観からは想像もできないほど、広いスペースでゆっくりしています。古民家風で、いろりを囲む大きな机が2つあるほか、座敷やテーブル席など、かなり大勢でも対応できる造りになっています。

今回注文したのは「冷たいらーめん」。「冷たい肉蕎麦」と並んで、西日本にはないメニューです。

お店のお母さん曰く「お蕎麦屋さんのラーメンは、実は裏メニューとして一押しです」とのこと。蕎麦屋さんなので、やっぱりメインはお蕎麦ですが、コストパフォーマンス的にも、実はラーメンの注文が多いですよ、とのことでした。

待つこと10分。「お待たせしました、どうぞ~」と運ばれてきたのは、煮卵、シナチク、ノリ、チャーシュー、そして紅ショウガの入ったぱっと見は、まさに「らーめん」。ただ、一口出汁を飲んでみると、絶妙な冷たさの和風出汁が、何とも言えないあっさりとしながらも、旨味を感じさせてくれます。

何故冷たいらーめんなのか。

恐らく「冷麺」「冷やし中華」は、どちらかと言えば「酸っぱい」ですが、「冷たい肉蕎麦」「冷たいらーめん」は、酸っぱさではなく、冷たい中で、旨味を感じられるラーメン。

旨味を邪魔しない程度の冷たさが、逆に暑さで弱った胃腸に優しいんだろうなぁと思わずにはいられません。あっという間に完食です。

私が入店した後も、ひっきりなしにお客さんが来ていました。

お会計の時に、自家製の大根の漬物を購入。かなりの大容量タイプで、記事を作成している今も、ご飯のお供として、食べています。

次はそばを食べに伺いますわ。

関連記事>>>山形グルメ 西日本にはない「冷たい肉蕎麦 のむぎ」と久々に食べた「本格とんこつラーメン 豚骨食堂」

湯蕎庵 味津肥盧(みつひろ)
■住所:山形県上山市新湯6−34
■電話:023-672-3815
■営業:11:00~15:00 17:00~19:30 日曜営業
■お休み:木曜日

鶏ごぼうラーメンが美味しい「麺家 かぐら本店」

「麺家 かぐら」は、山形道「蔵王IC」を降りて、国道286号線沿いにあります。

この日の商談が終わったのが15時過ぎ。遅いお昼ごはんをと思って探しましたが、大体のお店のお昼の営業が14時迄。何とかして温かいご飯を食べたいと思い、たどり着いたのが「麺家 かぐら」です。お昼休みの無い、ぶっ通しの営業に、感謝です。

店内には、15時を回っているのにも関わらず、6人ものお客さんが食事中。お昼時の混雑が、容易に想像されますな。

今回私が注文したのは、鶏ごぼう味噌ラーメン。これまた、西日本にはないラーメンメニューです。

さて、机の上にはゆで卵のサービスが。食べた数以上に来店してくださいとのこと。

若かりし頃ならば、2つ3つと行けたもんですが、コレステロール値が気になりだす40代では、1つが関の山。ラーメン到着前でしたが、美味しくいただきました。

さて、「鶏ごぼう味噌ラーメン」ですが、細きりしたごぼうが、尖った味噌スープにまろやかさをプラスし、鶏ひき肉と鶏チャーシューが、麺のお供としては相性抜群。まかない飯のキムチ飯との行き来であっという間に完食です。

山形のグルメは、本当、西日本にはないメニューで、美味しい。本当に充実していると思います。

次は、白ごま担々麺を食べに伺いますわ。

関連記事>>>山形グルメ 意外な取り合わせが実は美味しい 峠の茶屋「力ラーメン」と、安定した美味さの中華そば「才三郎そばや」

麺家 かぐら本店
■住所:山形県山形市妙見寺108−5
■電話:023-642-3521
■営業:11:00~21:00
■お休み:水曜日