グルメ

山形グルメ 充実した定食メニューの「定食屋つかさ亭」と懐かしい中華料理が楽しめる「北海らーめん」

山形には、本当に個人経営で頑張っている、旨くて、お財布にも優しいお店がたくさんあるなぁとつくづく思います。

そこで今回は、充実した定食メニューの「定食屋 つかさ亭」と、懐かしい中華料理が楽しめる「北海らーめん」をご紹介します。

充実した定食メニューの「定食屋 つかさ亭」

「つかさ亭」は、山形道「寒河江IC」で降りて、国道112号線沿いにあります。

以前から人気店であることを取引先から聞いており、今まで2回トライしましたが、駐車場が満杯で断念。3回目の今回は、商談が終わったのが13時を回っていたので、ひょっとすると行けるかもしれないと思い、お店に到着したのが13時40分頃。駐車場は空きスペースがあったので、ようやく食することが出来ます。

店内に入ると、お客さんがまだ10人ほどいる状態。人気ぶりの高さが伺えますわ。

今回注文したのは、鶏南蛮定食。ご飯の大盛もサービスなので注文しました。

店内をぐるっと見渡すと、定食屋さんらしからぬ雰囲気。どちらかと言えばパスタやピザといった洋食屋さんの雰囲気です。席はカウンター席、テーブル席、座敷席とあり、様々な人数に対応できるレイアウトですな。

メニューは、チキンカツ定食、ハンバーグ定食のほか、塩サバ定食、ソースカツ丼など、幅広い年齢層に対応できる内容となっています。

待つこと10分。「おまちどおさま」と運ばれてきました「鶏南蛮定食」。

鶏唐揚にタルタルソースがふんだんにかかっており、見た目にも食欲をそそられます。一口食べてみると、ジューシーな鶏唐揚にタルタルソースが上手く絡んで「美味い」の一言。茹でカボチャとレンコン、ポテトサラダとキャベツの千切りとのコンビネーションも良く、大盛ご飯との行き来で、あっという間に完食です。

山形の定食屋さんは、市内、郊外共に、本当に実力値が高いですわ。仙台の営業所の近くに、こんな素敵な定食屋さんがあれば、毎日でも通うのになぁと、思わずにはいられません。

次回は、ほっけ定食を食べに伺いますわ。

関連記事>>>山形グルメ 家庭的かつコストパフォーマンスの高い定食屋「あすなろ食堂」と「もみいち食堂」

定食屋つかさ亭
■住所:山形県寒河江市本楯3丁目148−1
■電話:0237-85-7336
■営業:11:30~14:30 17:30~21:00(ラストオーダー 20:30)
■お休み:水曜日

懐かしい昭和の香り満点の中華料理屋「北海ラーメン」

「北海ラーメン」は、山形駅にほど近い山形県道18号線沿いにあります。

パット見た外観の感じでは、あまり商売っ気がないのか、とても中華料理屋さんには見えません。しかも、飲食店の雰囲気が無いので、前を2度通り過ぎてしまいました・・・。

早速店内入り口の扉を開けると、昭和の香り満点です。あぁ、何か懐かしい感じですわ。それもそのはず、すっと視線を横に向けると、板ガムの自販機が・・・。

昔、祖父から頼まれたお使いでよくタバコ屋さんに行ったもんですが、そのタバコ屋さんに置いてあったのが、このタイプとよく似た「板ガム自販機」。未だにあるんかーい!と一人突っ込みを入れながら、店内に入ります。

店内には、14時を回っているのにも関わらず、7人ものお客さんが食事中。お昼時の混雑が、容易に想像されますな。

今回私が注文したのは、どこの中華料理屋さんでも、必ず食する一番のお気に入りメニュー「あんかけ焼きそば」。

私は皿うどんで出てくる細い揚げ麺よりも、太い揚げ麺が好み。しかも、その店のラーメンに使用する麺を、わざわざあんかけ焼きそばの為に、その場で揚げるタイプが大好物です。

「おまちどおさま」と運ばれてきたのは、その場で揚げた太麺の揚げ麺。テンションが高まります。

カラッと揚がった太揚げ麺に、熱々のあんが染みわたり、最初はパリパリ音を出しながら食べてはいても、そのうち、揚げ麺があんと馴染んで音がしなくなり、馴染んだ揚げ麺を食べることが出来るという、時間差で2度美味しい・・・。

美味いの一言で、あっという間に完食です。

山形のグルメは、メニューも時代も幅が広い!本当に充実していると思います。

次は、うま煮ラーメン食べに伺いますわ。

関連記事>>>山形グルメ ラーメン四天王の一角「八幡屋」と中華料理がメインメニューの「材木亭」

北海ラーメン
■住所:山形県山形市本町1丁目5−1
■電話:023-623-2514
■営業:11:00~15:00 17:00~20:30 ラストオーダー20:00
■お休み:日曜・祭日