グルメ

山形グルメ 対照的な味噌ラーメン! 白菜ラーメン「幸来」と「龍上海 東根店」

山形には、種類の違う味噌ラーメンがあります。一つは西日本でもよく馴染みのあるタイプで、もう一つは刻み海苔が入った、濃厚なタイプ。

今回はタイプの違う味噌ラーメンを提供するお店をご紹介します。

「幸来」の味噌ラーメン

山形市南原にある白菜ラーメン「幸来」は、スーパーヤマザワ 松見町店からほど近い、閑静な住宅街の中にあります。

お店の外観はラーメン屋ぽく無いので、以前は違うお店だったのかもしれません。おじゃました時間が14時ごろだったので、お客さんは私と、あともう1組。ゆっくり食事が出来そうです。

今回注文したのは、ねりごま、すりごまをたっぷりと加えた、自家製白味噌タレによる「味噌ラーメン」(750円)。

西日本で私が良く食べた馴染みのある味噌ラーメンで、10種類の野菜が入っており、ゴマの風味が効いた、ボリュームたっぷりの優しい味噌ラーメンです。

併せて注文したランチサービスのチャーシュー丼(100円)も味噌ラーメンにはよく合い、あっという間に間食しました。


山形には、辛い味噌ラーメンという文化があるようで、「幸来」でも濃厚ごま辛みそラーメン(850円)もラインナップ。次回はこちらを食したいと思います。

オーソドックスな味噌ラーメンを食べたい方に、おススメです。

白菜ラーメン「幸来」
■住所:山形県山形市南原町3丁目5−24
■電話:023-625-5771
■営業:11:30~15:00 17:30~21:00(L.O.) 日曜営業
■お休み:火曜(祝日の場合は営業)

「龍上海」の辛みそラーメン

 

県道122号線沿いの東根市にある「龍上海 東根店」は、もう一つの味噌ラーメンを出すお店。そう、赤湯産唐辛子の「辛みそ」を使用し、独特の風味を出していると聞き、おじゃましてきました。

お店の外観は、こちらもラーメン屋ぽく無いので、以前は違うお店だったのかもしれません。

早速「赤湯からみそラーメン」を注文。ご飯も併せて注文したところ「ありません」との返事が。ご飯が無いラーメン屋さんは初めてだったので、少しショックでしたな・・・。

この「赤湯辛みそラーメン」は、恐らく上澄みが油で膜を張っているタイプで、いつまでもスープが温かく、それでいて、溶かした辛みそが刻み海苔の風味とマッチして、何とも言えない濃厚さを出しています。太ちぢれ麺とも相性が抜群で、やっぱりご飯と一緒に食べたいですなぁ…。

西日本にはないタイプの味噌ラーメンです。

機会があれば、是非一度食べてみてください。

龍上海 東根店
■住所:山形県東根市中央東3-9-28
■電話:0237-53-6690
■営業:11:30~19:00
■お休み:毎週木曜日/年末年始

関係記事>>>お腹が減った時にがっつきたい ボリューム+味の両立おススメランチ 山形「あたご食堂」「ラーメンめ組」

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。