単身赴任

単身赴任の快適な住環境を選ぶ方法とは?

単身赴任で一番大事なのが、住環境の問題。毎日過ごしていく事になるので、自分にとって快適でなければなりません。また、一度決めれば簡単には変えられないので、決め手が重要なポイントになります。

私も、岡山と仙台という2つの赴任地を経験して、それぞれの住まいの選択で、優先順位が変わった部分も有ります。

そこで今回は、単身赴任の後悔しない、住居の選択をご紹介します。

家具・家電付き物件のメリットとデメリット

例えば、赴任期間が2年や3年といった、期限が会社側からきちんと保証されている単身赴任で、かつ自身の単身赴任経費を抑えたいという場合は、家具付き物件をおススメします。

レオパレス系の賃貸物件は、物件にもよりますが、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジやテレビといった家電の他、ベッドやテーブル、椅子まで最初から揃っており、メリットとして、初期投資はほとんどかかりません。

この初期投資。実は、馬鹿になりません。普通に冷蔵庫や洗濯機、ベッドやテレビを国産メーカーの新品で揃えれば、どれだけ安くても普通に10万円以上はかかります。

ここは家の財務大臣である奥さんとの話し合いになると思いますが、期限付きなら、新品を購入するのはある意味勿体ないです。

デメリットは、隣の部屋との壁が薄いという事。私の同僚がレオパレス系の部屋で暮らしていますが、隣人のいびきや歯ぎしりが聞こえてくるとのこと。部屋の間取り上、、直径3メートルの円の中に壁を隔ててお互いのベッドがあることになるので、かなり接近しているようです。

ちなみに私の場合、期限付きの単身赴任ではなく、いつ家族が暮らす実家へ戻れるか分からない状況でした。当初家具・家電付物件や家電のリースも検討しましたが、任期が長くなればなるほど、ゆっくりとした生活が送れなかったり、リース料が結果として割高になったりと、デメリットを感じる部分が大きいと考え、思い切って家具や家電は一から新品を購入しました。

その為、岡山や仙台では「家具・家電付」の条件に縛られることなく、物件を選択することが出来ました。

初期投資が大きい分、物件の選択自由度も上げることが出来るわけですな。

関連記事>>>単身赴任で「体にもお財布にも心にも優しい夕食」とは?

毎月の光熱費を大きく左右する「プロパンガス」と「都市ガス」問題

結論は、都市ガス物件の選択が可能なら、選択しましょう。

理由は毎月のガス代の差です。仙台の都市ガスは、春夏は毎月2,800円で、秋冬は毎月3,500円。岡山のプロパンガスは、春夏で毎月6,500円、秋冬で毎月8,500円。年間およそ60,000円違う事になります。

ちなみにプロパンガスは、ガスを充填する人件費がかかっているとのこと。

もっぱらガスを使用するのは単身赴任の場合、お風呂が中心となりますが、私の場合、仙台の寒い冬に体を温めるため、お風呂にお湯をためてもこの料金。えらい違いです。

これだけ差が出れば、家具・家電を新品で購入したとしても、元が取れるわけです。
ですので、都市ガス物件が選択できるなら、その中から物件を選択しましょう。

関連記事>>>単身赴任時の缶ビールと瓶ビールはどちらがお得なのか?

出来るだけ静かで穏やかな物件の選択を

物件の立地条件として、徒歩圏内で駅やスーパー、ドラッグストアがあれば便利ですが、穏やかで静かな住環境が一番重要なポイント。周囲が騒々しかったり、上階の住人の足音がうるさかったりすると、部屋にいても疲れが出てきます。

私の場合、静かで穏やかなところを選んだつもりでしたが、アパートの前が新聞配達所で、午前3時ごろから「トントン」と、新聞にチラシを組み入れていく音から始まり、配達するスーパーカブのエンジン音がかなり激しく、特に夏の夜は窓を開けっぱなして寝ているため、すぐに目を覚まします・・。

そう、新聞配達所は朝から晩まで夕刊を配布する以外の時間帯は、基本閉まっているため、暮らしてみて初めて気が付くわけです。

まぁ、途中で起きても、いまでは「トントン」の音も、子守唄代わりに聞こえますが・・・。

単身赴任を前向き、充実した生活として過ごすためにも、是非参考にしてみてください。

関連記事>>>単身赴任で心折れそうな時に助けられた本 3選

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。