単身赴任

単身赴任の光熱費(ガス代)を驚異的に下げる選択肢はプロパンガスか都市ガスのどちら?

単身赴任は、何かとお金がかかるもの。少しでも光熱費を減らして、単身赴任による持ち出しを少なくしていきたいと考えるもんですな。

使用量を減らすことで、支払金額を抑える方法は、すべてに当てはまりますが、ガスに関してはガスの種類の選択によって、大幅に光熱費を下げることが出来ます。 

そこで今回は、都市ガスかプロパンガスか、どちらが光熱費を下げることが出来るのかを紹介します。

結論は、都市ガスの方が圧倒的に安いです!

単身赴任で使用するガス環境とは 

単身赴任生活の場合、ガスを使うのはお風呂と日々の食器を洗う時、そして休日の自炊の時ぐらいに限られます。家族と一緒に生活をしていたころと比べて格段に減ります。

使用するガス量は、平均して夏場で8㎡、冬場で12㎡。

夏場は、ほぼほぼ冷水シャワーのみですが、冬場は、お湯を張りながら体を洗ったうえで、湯船につかって体を温める方法をとることと、冷たい水を熱くしなければならないため、よりガスの使用量が上がるという状況だと思います。
 

関係記事>>>単身赴任をうまく乗り切るためのおススメアイテムとは?

プロパンガスと都市ガスとの比較

単身赴任1年目の岡山の時は、あまりよく考えず、プロパンガスの物件を選択。

春から夏にかけては月4,500円~5,000円程度だったのに対して、秋から冬にかけては、月6,500円~8,000円程度かかっていました。

逆に、2年目の仙台では、光熱費を下げることを目的として、都市ガスの物件を選択しました。

結果、春から夏にかけては月2,000円~2,400円、秋から冬にかけては月2,500円~2,800円で、月の差額が、最低4,500円~最高6,200円程度になっており、年間では5万円以上違うことを実感しています。

関係記事>>>仙台から大阪へ 新幹線と飛行機のどちらがお得で疲れないのか?
 

都市ガスとプロパンガスとの費用差額の理由 

では、何故大きな差額が生まれるのか?

都市ガス担当者に開栓立ち合い時に確認したところ、ガスを充填する作業時の人件費が上乗せされており、それがここまでの大きな差額になっているのではとのことでした。 

最初の住居物件を決める時に優先順位の一番目に持ってくるだけで、年間に直すと、万単位で変わってくることは、持ち出しを少なくするうえで非常に重要なポイントになってきます。

ただ、ガスの種類は住居物件とセットになってきます。

駅から近いほうが良い、スーパーが近くで便利、アパートの最上階を希望したいなど、住環境ともセットになりますから、優先順位としては①都市ガス②以下が住環境としておけば、後悔は少なくなると思います。

冬場は寒く、温かい湯船につかりながら、一日の疲れを癒したいもの。

使用量を気にすることなく、たっぷり使ってもさほど金額的にかからない都市ガス物件を選択して、充実の単身赴任生活を送りませんか?

関係記事>>>単身赴任で心折れそうな時に助けられた本 3選

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。