単身赴任

単身赴任でワイシャツの襟元の黄ばみを元に戻す方法とは?

今日で6月も8日目。衣替えのシーズンです。なので、この週末は部屋の掃除に加え、冬物と夏物衣類をスーツも含めて、全て入れ替えました。

すると、通勤用の半袖カッターシャツを出してみてびっくり。襟周りが黄色くなっており、とてもじゃないですが着れる状態では無さそうな雰囲気満点です。

どうすれば、気持ちよく半袖カッターシャツを着ることが出来るのか。

そこで今回は、ワイシャツの襟元の黄ばみを元に戻す方法をご紹介します。

ワイシャツは自分で洗濯、アイロンがけすることで節約

単身赴任では、毎月の生活費が決まっているため、ゴルフや温泉を満喫しようとすると、どこかを節約しなければなりません。

私の場合、①お茶とコーヒーの2本の水筒を事務所に持参し、1日の飲料費を極限まで抑える事②ワイシャツは、自分で洗濯して、アイロンがけをする事を日々継続しています。

金額に換算すると①で月に6,000円。②で月に2,000円、合計8,000円程度の節約につながっています。

これを、ゴルフの早朝練習や日帰り温泉の費用に充てているという訳です。

今回見つかった襟元が黄色い半袖カッターシャツも、他の冬物衣類と共にクリーニングに出そうと思ったのですが、やっぱりお金がかかるしなぁと思い、正攻法で試してみて効果が無ければ、以前、取引先の担当者から聞いた裏技を試してみる事にしました。

関連記事>>>単身赴任の部屋干しで衣類から匂う時の対処法とは?

襟元が黄色くなったカッターシャツの対応方法

まず正攻法のライオン「トップ エリそでのプレケア」を試してみる事に。

洗濯する前に黄ばんだ箇所に塗って、暫く置いてから、他の衣類と洗濯をして確認してみると、ほとんど黄ばみは取れていませんでした。

う~ん、商品は悪くないんでしょうが、かなり強敵ですな、この黄ばみは。

そこで今回、裏技を試してみる事にしました。

それがこれ。

花王の「強力 カビハイター」。

岡山赴任時の取引先担当者が「これを黄ばみに直接吹き付けてしばらく置いて、それから洗濯すれば、綺麗に落ちますよ」との事。早速試してみました。

すると・・・、結論は綺麗に落ちました。

ただ、Before、Afterの画像があれば良かったのですが、まさかこれだけきれいに落ちるとは予測すらしていなかったので、画像を取っていませんでした。スイマセン・・・。

関連記事>>>単身赴任の生活家電を選ぶ際のポイントとは?

カッターシャツの効果的なアイロンがけ方法

因みに、カッターシャツを選択すると、アイロンがけもしなくてはなりません。

では、効果的なカッターシャツのアイロンがけ方法とはどうすればいいのか。

それは、洗濯機で洗い終わった直後に、アイロンがけをすること。今時のアイロンはスチームタイプですが、濡れたままでアイロンがけすることは、そのスチームを最大限生かすことになります。

また、濡れたままなので、シワを伸ばしてアイロンが当てやすく、特に袖の折り目はキーピングを使わなくても、パリっとした感じに仕上がります。

また当てていくうちに乾いていく様が、「おぉっ」と充実感につながります。

今回は、Before、Afterの画像がアップできなかったので、次回以降、アップしていきたいと思います。

関連記事>>>単身赴任を前向きに満喫する方法とは?