ゴルフ

冬のゴルフでスキルアップするコツとは?

東北でも日増しに、冬の寒さが本格的になってきました。

先日の富谷パブリックでのハーフラウンド練習も、寒い上に風がかなり吹いて、日が陰ると、体感温度は一層寒さをまし、ある意味、荒行、修行的な意味合いが濃くなってしまいがちです。

ブログを読まれているゴルファーの皆さんも、冬場のゴルフは、どうしても寒いので、足が遠のいてしまいがちなのではないでしょうか。

しかし、ポジティブに考えてみれば、1年、春夏秋冬のゴルフを楽しめるのも、またゴルフの魅力。

冬ゴルフは、飛距離がでない上に、ダフったりトップしたりするなど、他の季節のゴルフと比べて難易度が格段に上がります。

その寒い冬ゴルフでスキルを上達し、環境が格段に良くなる春以降のゴルフで、スコアアップを目指したいもんですな。

そこで今回は、冬ゴルフでスキルアップするコツをご紹介します。

飛距離が出ないからこそ番手アップ

冬ゴルフでは、他の季節と比較して、ウェアをどうしても沢山着込みます。いつもの服装なら、ヘッドスピードが45あっても、着込んだ服装が邪魔になり、2~3ほど減少するのが一般的。

また、飛距離に大きく関係するボールも、気温が下がると、コアの合成ゴムが硬くなり、反発が低下します。

加えて、気温が下がると大気中の空気密度が高くなり、空気抵抗が増えることで飛ばなくなるとも言われています。

つまり、冬ゴルフでは、飛距離が他の季節と比較して、確実に1番手ほど落ちます。

では、冬ゴルフでスコアをまとめ、スキルアップするコツは、何でしょうか。

答えは、1番手上げてショットする事と、無理をしないコースマネジメントを立てる事です。

例えば、グリーンまで150ヤードのショートホール。

いつもなら7Iでショットといきたいところですが、寒い冬ゴルフでは届きません。なので、6I以上でショットしましょう。

もちろん、風がフォロー、アゲインストであったり、ピンが手前に切ってあって、グリーン周りは比較的安全で花道狙いと言った、諸条件があると思うので、そこはケースバイケースですが、大きめの番手でショットして、丁度ぐらいの飛距離が、冬ゴルフの特徴です。

いつもの時期の飛距離感覚で臨むと、無駄な1打、2打に繋がり、たちまちスコアを悪くしてしまいます。

出だし3ホールで、その日の飛距離を掴み、残りホールにつなげることが出来れば、影響は最小限に抑えることが出来るでしょう。

関連記事>>>ゴルフの芝の上からの練習で18ホール回り放題のメリット、デメリットとは?

飛距離が出ないからこそ無理をしないコースマネジメント

無理をしないコースマネジメント、実はこれを学ぶのが、冬ゴルフの最大の魅力です。

夏の芝は勢いがあり、芝の量もたくさんあります。ふわっと芝に浮いたボールをショットする事で、ナイスショットの確率も勿論高まり、「俺、上手くなったなぁ」と思える場面が多く出てきます。

逆に冬の芝は、枯れている上に、薄い状態になります。つまり、余程クリーンにショットしないとダフったり、トップしたりするという事。2打目を毎回、直接グリーンオンさせるスキルがあれば良いですが、スコアを安定80台目標レベルでは、どうしてもアプローチ頼みとなります。

ただ、5ヤードから60ヤードの微妙な距離をSWでショットするアプローチも、芝の薄さからくる難易度が、通常の時期と比較して格段に上がります。

では、無駄なスコア浪費を無くすにはどうすればい良いのか。

答えは、「転がしアプローチ」のスキルを、寒い冬ゴルフで徹底的にアップさせましょう。

グリーン周りや花道からは、恥ずかしがらずにパターでピンまで転がす。

また、10ヤードから30ヤードといった中途半端な距離も、PWや9Iといった普段使用しない番手で、転がしアプローチを試みましょう。

途中の花道も、芝が薄くなっているので、思ったほど、ボールの勢いがなくなるなどの影響を受けず、グリーンに乗せるだけなら、案外SWでアプローチするよりも簡単やなぁと思えます。

30ヤードから60ヤードは、転がしアプローチで挑むのも一つですが、実用的ではないので、その距離を残さないコースマネジメントを組むことで、スコア浪費を回避していきましょう。

関連記事>>>秋から冬の練習ハーフラウンドは早朝か薄暮のどちらが効率的なのか?

まとめ

冬ゴルフは、どうしても寒さに負けて、足が遠のきがちです。

ただ、見方を変えれば、寒い冬だからこそ、転がしアプローチといった遊びを通じて、自分のゴルフの幅を広げられるチャンスでもあります。

寒い冬に頑張ったからこそ、充実の夏ゴルフ、秋ゴルフを迎える。そんな冬ゴルフにしたいもんです。

なので、富谷パブリックのハーフラウンド練習も、頑張って続けていきますよ~。

関連記事>>>単身赴任で安価にゴルフを満喫する方法とは?