宮城県

仙台市民の活力・憩いの場 宮城「大江戸温泉物語 コロナの湯」

最近続く連日の雨は、作物を育てるには大事ですが、体調にはあまりい影響を及ぼしていません。

しかも、長時間の仕事が続いた事で、体がすっかり疲れ切っており、遠くに出かける元気がありません。

そこで、仙台市内で、今まで行ったことのない、手軽に行ける温泉施設を探してみたところ、見つかったのが「大江戸温泉物語 コロナの湯」。早速行ってきました。

そこで今回は、宮城仙台「大江戸温泉物語 コロナの湯」をご紹介します。

施設の特徴

「大江戸温泉物語 コロナの湯」は、仙台市内、宮城県道23号線沿いにあります。

パチンコ店やカラオケボックス、ゲームセンターなど、一大複合施設の中にあり、入り口だけを見ると、小さい施設なのかなぁと思いきや、奥行きが非常にあり、受付から土産物コーナー、食事処、そして浴場とかなり大きな施設です。

しかも、関西在住以来感じたことのない、利用客の多さ。そこかしこに人、人、人。ここ数年、日帰り温泉施設に数多く伺いましたが、ここまでの人の多さは、関西在住以来です。

いつものごとく、下駄箱に靴を預け入れ、自動券売機で入浴料を支払います。

因みにJAF会員割引があり、通常大人700円が550円に。青葉山ショートコースなど、利用する施設で100円引き、150円引きと、非常にうれしい会員優待ですな。まぁ、しかし人、人、人ですわ。

お湯の特徴

脱衣場に掲示されている「入浴心得」によると、ナトリウム-塩化物泉で、低張性弱アルカリ性低温泉。循環ろ過装置による、塩素系薬剤による消毒があります。

直近訪れた日帰り温泉施設の多くが、郊外の源泉かけ流し施設でしたので、ここまで規模の大きい施設は、本当に久しぶりです。

まぁ、脱衣場にも人、人、人。かき分けるように、大浴場へ向かいます。かかり湯をして、内風呂へザンブと肩まで浸かります。うーん、毎度の事、この瞬間がたまりませんなぁ・・・。

入ってみて

施設は、内風呂、ジェットバス、露天風呂、壺風呂、寝湯、サウナ、水風呂、洗い場という構成。

お湯はPH値4.9なので、トロトロ感はありませんが、柔らかいお湯、と思いきや、正直、お湯が少し疲れているように感じました。これだけの人が入浴し、衛生を維持しようとすると、塩素系薬剤もかなりの量が使用されている感じですな。

因みに、泉色は無色で、温泉臭は無いので、硫黄臭などが苦手な方にはおススメです。

温泉の威力を感じることが出来なかったので、今回は、サウナと水風呂のセットで体を癒すことに。サウナは、約20人が収容できる大型で、高温タイプ。勿論テレビが完備されており、ゆっくりと汗をかくことが出来ます。

滝のような汗をかいて、水風呂へ。こちらの水風呂は、自動で継ぎ湯がされており、しかも底が深いタイプ。一度に多くの人が浸かれます。このセットを5回繰り返し、じっくり体を癒すことが出来ました。

脱衣場にもどると、これまた人、人、人。人をかき分けて、ロッカーまでたどり着きます。まぁ、多くの仙台市民に愛されているしるしなんだなぁと思いますな。

手軽に汗をかいて、体を癒したい人におススメです。

大江戸温泉物語 コロナの湯
■住所:宮城県仙台市宮城野区福室字田中前一番53-1
■電話:022-387-5576
■料金:大人700円、小人400円
■営業:8:00~翌2:00(最終入館時間 翌1:30)
■お休み:なし