ゴルフ

スコアが改善されるシャフト選択とは?

ゴルフのスコア改善には、大きく分けて、スイング、コースマネジメント、使用するクラブの3つが影響します。

人間はミスをする動物で、ゴルフもスコアを悪くするのはミスがでるから。そのミスをどれだけ小さなものにして、スコアに影響を及ぼさなくするかが、重要なポイントです。
そこで今回は、われらアマチュアのスコアが改善されるシャフト選択をご紹介します。

重量フローから考えるシャフトの重さ

ゴルフクラブは、ドライバーからパターまでありますが、クラブの重さを考える時に、一番重いクラブがパターで、一番軽いクラブがドライバーになります。これは、重量フローと呼ばれています。

その重量フローで考えた時、ドライバーから順番に重くなっていくと、スイングをしたときに、違和感なく同じ感覚で振ることが出来ます。

何故なら、長さでクラブを考えた時は、重さとは逆で、一番長いクラブがドライバーで、一番短いクラブがパターとなるからです。

もし仮に、ドライバーが一番長く、一番重いクラブであれば、スイングすること自体が困難。またドライバーよりもSWが軽くて短ければ、スイングの感覚がおかしくなりますわな。

では、その重量フローでクラブを考えた時、最近妙な現象が起こっています。

最近のドライバーは、60グラム台のカスタムシャフトで販売されていることが多く、その次に来るフェアウェイウッドやユーティリティクラブは、50グラム台の純正シャフトになるため、重量フローがうまくいかず、スイングでミスをしてしまう要因となってしまいます。

例えば、ロングホールの場合、ティーショットは、重くて長いドライバーを振り、2打目はドライバーより軽くて短いフェアウェイウッドをショットする事を考えた時、あれれ、なんか変だと思いませんか?

そうなんです。そのシャフトがスイングのミスを誘発しているんですわ。日々の練習を一生懸命頑張っても、クラブの重い軽いで台無しにされちゃぁ、たまったもんではありません。

しかも、フェアウェイウッドを選択する時は、とにかく遠くへ飛ばしたい時。それがチョロやOBでは、途端にスコア浪費の要因となってしまいます。

ですので、フェアウェイウッドやユーティリティクラブを選択する時は、ドライバーより、重いシャフトを選択しましょう。

その選択だけで、スコアが改善されることは間違いありません。

関連記事>>>ゴルフのプレイは、難しいコースと簡単なコースのどちらが良いのか?

おススメのシャフト特性

シャフトは大きく分けて3種類あります。シャフトの先端がしなる「先調子」とシャフトの中間がしなる「中調子」、そしてシャフトの手元側がしなる「元調子」です。

我らアマチュアのスイングは、どうしても手元のコックがほどけやすいです。何故なら、プロのように早いヘッドスピードに耐えてついていける、強い体感や手首を持ち合わせていないから。

では、手元のコックがほどけやすいスイングを補うためにはどうすれば良いのか。そこでススメなのが、元調子のシャフトです。

スイングはもともと手首でコックを作り、コックをほどかずにダウンスイングする事で自分でタメを作って、ショットしますが、手首がのコックが早々にほどけると、自分でタメを作ることが出来ません。

ですので、手元でしなって、シャフトにタメを作ってもらう訳です。

そうなんです。自分で頑張っても、克服できないスイング箇所は、お金を払って、道具の力を借りましょう。その選択で、ミスが出なくなり、スコアが改善されればしめたもんです。

関連記事>>>ゴルフ場予約サイトの最適な活用方法とは?

おススメのシャフトの硬さ

かつて私のゴルフ仲間から「硬いシャフトが良く飛ぶ」と言われ、自分の実力以上の硬さのシャフトを使用した経験があります。

当時一生懸命練習したシャフトがディアマナ B 60のXシャフト。ちなみに普段はディアマナ B 60 Sシャフトでした。

結論、スイングスピードを上げる練習にはなりましたが、スコアは改善されるどころか、大きく崩してしまいます。

では、何故スイングがおかしくなったのか。それは、重くて硬いシャフトを頑張ってしならせるために、普段の実力以上のヘッドスピードを出そうとして、肩の開きが早くなるなどのスイング上の無理が出てしまったからと、今では考えています。一時は、過去にどうやってスイングしていたのか、分からなくなった時期がありました。

そんな状態の時に、元に戻せた方法があります。

それは、当時別のゴルフ仲間から、「重くて硬いシャフトでおかしくなったんやったら、逆の発想で試してみてみ」と言われたことがきっかけ。

レディスのLフレックスで組んだスペシャルクラブで練習したところ、最初は違和感ありありでしたが、スイングしているうちに、自分がしならせなくても、シャフトが勝手にしなってくれるので、しなりに合わせる体の使い方に戻り、ボールを迎え撃つことで、肩が開かなくなりました。

また、その練習をしたことで分かったことがあります。それは、重くて柔らかいシャフトでも、会心の一撃も出るし、普通に飛ぶという事。

柔らかいシャフトは、そのしなりから「頼りないイメージ」がありますが、結論はむしろその逆。テンポや体の使い方に無理が無いので、普通に飛ぶし、ミスも出にくくなりました。

もし、今使用しているドライバーがオーバースペックだと感じるなら、シャフトのスペックを柔らかくして練習してみてください。ただし振り切れる範囲で重いもので。

きっと違う世界が体験でき、ゴルフの考え方も変わります。

ぜひ一度、試してみてください。

関連記事>>>芝の上からの練習でおススメのゴルフグッズとは?

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。