ゴルフ

ショートコースやハーフラウンドで効率よくスキルアップする為の決め事とは?

この日は休日出勤の代休を取得し、富谷パブリックへ早朝ハーフラウンド練習に行ってきました。

先日までは、夏の暑さの中にも、早朝のひんやりとした清々しさを感じていましたが、徐々に秋の気配が大きくなってきていました。

もう11月に突入です。あと2ヶ月で今年も終わります。あっという間ですなぁ。

単純に練習ラウンドをこなすのではなく、決め事をもって臨めば、スキルアップ向上につながるというもの。

そこで今回は、ショートコースやハーフラウンド練習で効率よくスキルアップする為の決め事をご紹介します。

ボールは1球で回り2度打ちは絶対にしない

スコア浪費の最大要因と言えば、OBに池ポチャ。

つまり、ボールを無くすと言うことであり、スコア浪費に繋がります。

そこで、ボール1球で必ず回ることを自分の決め事とします。

では、ボール1球で回ることのメリットは何なのか。

それは、よりセーフティーなコースマネージメントを覚え、実践すること。

例えば、狭いホールのティーグランドに立った時「ドライバーならひょっとするとOBになるかもしれない」と思ったら、ドライバーでは無く、OBを絶対しない自信のある番手でティーショットする事になります

あくまで「ボール1球で回る」事が決め事になっているので、そこには、ドライバーを手にしない見栄や格好の悪さは関係ありません。自信がある番手、5Wなのか3U、それでも自信が無ければ、7Iでも構いません。で、実際にティーショットする。

そして2打目も2オンを意識した番手では無く、自分の自信のある番手でショットする。結果として、OBが出ないので、その分スコアが改善されていくというわけです。

ちなみに2度打ちは御法度。絶対やってはいけません。

何故なら、ゴルフはやり直しの効かない一発勝負のスポーツ。練習ラウンドは、あくまで本ラウンドにつながるものでないと、意味がありません。どうしても納得のいかないスコアであれば、追加でもう1ラウンドしましょう。

関連記事>>>ゴルフのプレイは、難しいコースと簡単なコースのどちらが良いのか?

必ず事前にイメージをしてショットとアプローチをする

練習ラウンドで、「何となくアプローチする」「自分が気持ちよくショットする」事ほど、勿体ないことはありません。

全てのショット、アプローチをする前に、必ず弾道やボールの落としどころをイメージして臨みましょう。

例えば右サイドが崖で、OBゾーンのホールのティーショットの場合、スライサーの場合ならショットする番手のスライスの度合いを考え、OBゾーンに行かない弾道をイメージする。

ドライバーでOBゾーンへ行くイメージが変えられないのであれば、即他の番手に変更です。

で、実際にショットした弾道と、イメージの弾道を比較してギャップを埋めていきます。

グリーンへのショットは、ピンめがけて行うのでは無く、センターめがけて行う癖付けをしましょう。

また、アプローチも落としどころと、そこからピンまで転がる弾道を頭でしっかりイメージすること。

で、実際にアプローチして、その弾道とイメージのギャップを埋めていく。

これこそが、ゴルフ練習場では絶対出来無い、練習ラウンドならではの練習方法です。

その経験値の積み重ねが、本ラウンドでどっしりとしたコース・スコアマネージメントに繋がっていきます。

関連記事>>>ゴルフの練習はやっぱり芝の上からがおススメ ショートコースの活用法

強めのパットで本番ラウンドにつなげる

練習ラウンドなので、弱めのパットではなく、強めのパットでドンドンカップを狙っていきましょう。

スライスライン、フックライン、登り、下りなど、様々なシチュエーションがありますが、弱いパットだと、カップにインさせるイメージが中々湧いてきません。

何故ならカップインしないからです。

強めのインさせるパットだからこそ、インするイメージにも繋がります。

このパットこそ、ゴルフ練習場では練習出来ません。

距離感、曲がる度合い、ショートパットをねじ込む自信は、全て芝の上からの練習から培われるもんです。

関連記事>>>PING SIGMA G TYNEパター クラブ実践記

遊びのホールも経験してみる

ショートコースやハーフラウンド練習で是非試したいのが、1ホールで使用できるクラブを限定してホールアウトを目指すこと。

例えば、7Iでティーショットからアプローチまで全部トライしてみると言うことです。

このトライホールは、スコアカウント無しでやってみましょう。

このトライは、途端に頭を使う必要に迫られます。

350ヤードのミドルホールの場合、7Iフルスイングで2打、残り50ヤードを7Iの転がしショットで攻めるのか。

はたまた、7Iフルショット(150ヤード)からハーフショット(100ヤード)×2回の組み立てで挑むのか。

色んな事を考え、そして実際やってみて、そこから色んな答えがが出てきます。

パーなのか、ボぎーなのか、ダボで上がるのか。やった上で、今度はこうしてみようという、次の発見があります。

自宅では、素振りやスポンジボールでスイングを日々見つめ、週末は芝の上でコースとじっくり向き合う。

限られた時間とお小遣いの中から、少しでも効率よくゴルフを上達する為には、このトライが欠かせません。

ハーフラウンド、ショートコース練習で、ドンドンスキルアップを目指していきましょう。

関連記事>>>単身赴任で安価にゴルフを満喫する方法とは?