ゴルフ

ゴルフ用品を購入する最適な時期と、新品、中古どちらが良いのか

 「ほしいと思った時が買い時!」と昔から言われていますが、それはお金のある人のお話。やりくりしながらゴルフ代をねん出している貧乏サラリーマンにとっては、1円でも無駄にできません。

 そこで今回は、新品、中古どちらが良いのか、またゴルフ用品を購入する最適な時期はいつなのかをご紹介します。
 

 結論は、ドライバーなどのウッド系は中古、アイアン、ウェッジ系とボール、キャディバックは新品での購入をおススメします。

 また、最適な時期は中古はまさにほしいスペックが見つかった時、新品はマークダウン時の購入がおススメです。

アイアン系を新品購入でおススメする理由

 では何故ウッド系は中古で、アイアン系は新品の方が良いのでしょうか。

 それはクラブのライ角が大きく関係してきます。 
 

 ライ角とは、クラブのソール全面と地面がぴったりくっついた状態でのシャフトの角度の事です。まさにこの状態でボールを打つことが当たり前に必要になってくるわけです。

 しかし人間の靴のサイズ同様に、全ての人が同じライ角ではありません。打ち方、身長の高さ、手の長さなど、千差万別です。ですのでゴルフをやる以上は、必ずライ角は自分にとっての適正値に直して使用しなければなりません。

 何故なら、適正なライ角でゴルフをプレイしない場合、人間の調整能力というもので、おかしなスイングのままナイスショットが出てしまうからです。

 それは逆に言えば、正しいスイングなら曲がるボールを打ってしまうという事。悪い癖は一度ついてしまうと、元に戻すにはそれ以上の努力が必要になってしまい、上達へ遠回りしてしまいます。
 

 中古アイアンの場合、軟鉄やPINGのアイアンを除き調整がほぼ不可能です。マラソンに例えるなら、サイズの合わない靴を無理やり履いて走るぐらいのことになります。

 ですので、新品でライ角が調整可能なアイアンを選択して、ライ角も含めたフィッティングをやった上で、購入するぐらい神経を使う必要があります。
 

 ウェッジも同様にライ角が非常に重要な為、主な理由はアイアンと同じですが、更に付け加えるなら、ウェッジはソールを滑らせて打つことが多く、またバンカーで使用することも多いので、表面が傷つきやすいので、おススメしません。わずか5,000円程度のひらきなら、新品を購入して気持ちよくプレイしましょう。

関係記事>>>ゴルフクラブの売買は、オークションとショップのどちらが良いのか?

ウッド系を中古購入でおススメする理由

 逆にウッド系はライ角を気にしなくても良いのか?答えは、アイアンほど神経質になる必要はありません。何故なら、ドライバーやFW、UTは許容範囲が広いためです。もちろんドライバーも同様です。
 

 では、中古のウッド系を購入するメリットは何でしょうか。

 それはリシャフトされたものを、格安で購入できるからです。
 

 通常リシャフトには、シャフト代、工賃代など、新品プラスアルファのお金がかかっています。しかし中古で買い取りに出されるときは、一度手が加えられてしまったものとして、純正仕様の商品よりも安く買い取られる傾向にあります。

 私のような貧乏サラリーマンがリシャフト出来る可能性はほぼゼロ。ならば、すでにリシャフトされたもので自分の探していたものが見つかれば…購入となるわけです。

 中古モデルは、その中古の新商品モデルがマークダウンされれば、値段は多少下がりますが、リシャフトものに出会えるのはまさに一期一会。その瞬間を逃せば、いつ同じスペックの商品と出会えるのかわかりません。わずかな金額の落ちを期待して待つ間に売れて後悔するよりも、少しぐらい高い金額で購入した方が後悔は少ないというものです。

関係記事>>>ゴルフの幹事をするメリットとは?

まとめ

 因みに中古のゴルフクラブを購入するのであればGDO中古ゴルフショップがおススメ。かくいう私も、購入の常連となっています。

 理由はとにかく中古の品質、レベルが高いのに、値段がそこまで高くない事。また、クラブの瑕疵、つまり傷ついている部分は、ちゃんと商品説明欄に記載してることです。ネットショップの一番怖い部分が逆に一番信用できるので、何度も購入しています。

 また、ボールやキャディバックは、新製品に代替わりする前のマークダウン時に新品を購入すれば、満足度は高まるでしょう。

関係記事>>>ゴルフのマイボールは、ディスタンス系とスピン系、新品、ロストボールのどちらが良いのか?