ゴルフ

ゴルフ初心者で、会社の上司とプレイする時に注意する事とは?

日増しに暖かくなってきました。いよいよ、春到来ですな。

この季節は、出会いと別れなどと言われることが多いですが、何かを新しく始めるのも、ちょうどこの時期。

新社会人になって、ゴルフを始める方も多いと思います。私も、社会人になってゴルフを始めた一人で、当時は「ゴルフのマナー」なるものに、大いに悩まされたものです。

そこで今回は、ゴルフ初心者がラウンドする時に注意する事をご紹介します。

まずはプレーファーストを心掛ける

ゴルフの初心者が職場の上司とプレイする場合、かなり緊張するもんです。

私も20数年前のゴルフ初ラウンドが、当時勤めていた会社の「鬼軍曹」と言われた上司とのプレーとなり、前日は緊張のあまり、よく眠れなかったことを記憶しています。

プレーする前に職場の先輩から言われたことは「とにかく急ぐことだけを意識するように」でした。

具体的には、
①自分の打つ順番が来たら、あれこれ考えず、サッと打つ
②クラブを数本持って、自分のボールまでとにかく早く走る
③グリーンが近づいてきたら、多少離れていても、パターでよせる
④グリーン上では走らず、早歩きで急ぐ

ことでした。

人生の初ラウンドで、フェアウェイを悠々歩けるゴルファーは恐らく皆無でしょう。初めての事だらけなので、練習場では当たっていた自分のスイングも、まったく当たらなくなります。

アプローチでは行ったり来たり、空振りはするわ、チョロはするわで、想定外のことがあまりにたくさん起こり、精神的にもかなりきついと思います。

そんな状況でも、サラリーマンとして大事なのは、上司のプレーに影響を及ぼさない事。

職場でのコンペで優勝を狙っている上司なら、なおさらです。「あいつのスロープレーのおかげで、ペースが乱された」などと後々の嫌味や変なレッテルを張られかねません。

そんな時、自分にできる最大限のことは、「とにかく早くプレーする事」。

チョロや空振りで恥ずかしがったり、「へへへ」と笑う暇などないのです。とにかく必死に、早くプレーする事。

そうしていれば、「鬼軍曹」の上司も、「あいつのせいで・・・」とはなりません。自分も初ラウンドの時は、そうだったのですから、懐かしいかつての自分を見ているような気持になるもんです。

関連記事>>>ゴルフ初心者にオススメのゴルフクラブとは?前編

セルフプレーで気を付けること

一昔前はキャディ付きプレーが普通でしたが、今ではセルフプレーが主流です。つまりそれは、自分でやらなくてはならない事がたくさんあるという事です。

具体的には、
①手持ちボールは、常に4個をボールホルダーかポケットに入れておく
②自分の打ったボールの行方は、必ず把握しておく
③パターを含めて、常に3本以上のクラブをもって行動する

ことが重要なポイントです。

自分のボールの行方は、初ラウンドの時は目が慣れていないので、なかなか難しいかもしれませんが、打球の行方を気にする姿勢は、上司へのアピールでも非常に重要なポイントです。

その後のラウンドでも大事になりますので、癖付けしておきましょう。

関連記事>>>ゴルフ初心者にオススメのゴルフクラブとは?後編

事前に用意しておくもの

ゴルフのプレーが終わると、その後はお風呂に入るのが一般的な流れです。ですので、下着含めた着替え一式を必ず持参しましょう。

因みに私の場合は、そういう流れであることを理解できていなかったため、真夏のプレー後にお風呂に入りましたが、汗で汚れたシャツを再度着て帰った記憶があります。

あの時は、きもちわるかったなぁ・・・。

ぜひ参考にしてみてください。

ゴルフスイングを効率よく上達するための練習器具とは?昨日まで、実家のある関西に帰省していました。やっぱり家族はええもんですなぁ。1か月に1回しか顔を合わせることはできませんが、自分がいない...

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。