ゴルフ

ゴルフ初心者、上達を目指すゴルファーにおススメ 河川敷ゴルフコース 大阪「くずはゴルフリンクス」

仙台に赴任してからは、帰省地の関西でゴルフをプレイする機会が、中々ありませんでした。

しかし今回の年末年始休暇では、ゴルフバッグを宅配便で送り、ようやくプレイすることが出来たコースは大阪・淀川の河川敷コース「くずはゴルフリンクス」。

以前、広島や岡山赴任時に開催していた「月イチ会」のメンバーと約2年ぶりに和気あいあいの久々のプレイを、心ゆくまで楽しみました。

そこで今回は、ゴルフ初心者、上達を目指すゴルフファーにオススメ 「くずはゴルフリンクス」をご紹介します。

くずはゴルフリンクスの成立ちと選択理由

大阪・淀川の河川敷には、川下から「京阪ゴルフクラブ」「高槻ゴルフ倶楽部」「牧野パークゴルフ場」、そして「くずはゴルフリンクス」の四つゴルフコースがあります。

今まで私がプレイしたのは「牧野パークゴルフ場」だけでしたが、河川敷ならではの手押しカートに、フェアウェイが平坦で、ショットが比較的簡単な印象でありつつも、弾道が風の影響を受けやすいことと、グリーンが大きく、微妙にアンジュレーションが効いているので、気を抜くとスコアがまとまらない記憶が残っていました。

京阪電車「樟葉駅」に直結している同コースは、その昔、往年の青木功、尾崎3兄弟、中島常幸、杉原輝雄、グレッグ・ノーマンらがしのぎを削った「くずは国際トーナメント」が開催された超本格コース。

今回のコース選定では、「年末のゆる~い気分で和気あいあいの雰囲気を楽しみたいので、プレッシャーのかからないショットできるゴルフ場でプレイしたい」というメンバーからのリクエストがあり、「くずはゴルフリンクス」を選択することになりました。

くずはゴルフリンクスの特徴

今回のスタッツはこんな感じでした。

ホール№ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
PAR  5 4 3 4 3 4 4 5 4 36
打数   5 4 4 5 3 5 4 5 5 40

ホール№ 101112131415161718  合計
PAR     4  5   4   5 3 4 4 4 3 36
打数    4   5   5 5 4 5 4 5 4 41

全体的な印象は、「岡山霞橋ゴルフクラブ」「水島ゴルフリンクス」と同じく、フェアウェイはフラットでコース幅は広く、プレッシャーはほぼ皆無。練習場感覚で「えいやぁ」とショットしても大きなけがが無いのがメリットでもあり、デメリットでもあるところ。

「富谷パブリック」のように、周囲を木々で囲まれておらず、フェアウェイもあまりに広すぎて、どこをどう狙えば良いのかが分からなくなり、ショットに雑さが出てしまう傾向にあります。

そんな時は初心に戻り、ティーショットは黄色の旗(吹き流し)狙いで、確実に前進。

ロングや距離の長いミドルのセカンドは、グリーンまでの残りヤードからの引き算ゴルフに徹して、フルスイング出来る番手の距離を残しプレイ。

冬ゴルフであることを忘れず、一番手揚げてショットするを実践したところ、大きなけが無くプレイする事が出来ました。

関連記事>>>ゴルフのプレイは、難しいコースと簡単なコースのどちらが良いのか?

優しいコースでショットスキルとマネージメント力を鍛える

今回同伴の「月イチ会」のメンバー3人全員が80台でプレイ。プレッシャー無く、和気あいあいの仲間と楽しく、久々のゴルフを満喫しました。

3人のコースへの印象を尋ねると、「ショットはノンプレッシャーだったので、色んな番手を試し打ちして前進させた」「コースのプレッシャーが無い分、スコアへのプレッシャーがあって、確実にスコアをまとめる為に、ある意味頭を使った」というもの。

簡単なコースでプレイすることは、スコアへの言い訳が出来無いので、いつもより良いスコアで上がるために、伸び伸びとショットする代わりに、コースマネジメントをしっかり考えるという流れでした。

実は私も、同じ考え。これを積み重ねていけば、確実にゴルフのショットスキルとマネジメントが鍛えられると思います。

関連記事>>>ゴルフでクラブの本数を減らしてトライする練習方法とは?

まとめ

簡単なコースでは、スコアへの言い訳が出来ません。ショットのプレッシャーが無い分、頭を使う事は、難しいコースでプレイするときも、必ず役に立ちます。

バンカーや池など、ハザードに届く番手でショットせず、手前の安全なところにショットする事や、グリーンはピンを狙わず、中央めがけてショットするなど、マネジメントの基本のきを学ぶ絶好のチャンス。

そして、パーペースを維持出来てきたなら、そのパーペースをどこまで維持し続けることが出来るのか、ボギーペースもまたしかり。続けることで息苦しくなりますが、地力は確実に着いてきます。その地力は、芝の上からの練習でしか養えないもの。決して、ゴルフ練習場では養うことは出来ません。

今年は、「富谷パブリック」「青葉山ショートコース」を軸にゴルフをプレイしてきましたが、安定的にスコア80台でプレイ出来てきました。

来年は、スコア安定80台前半を目指して、頑張って行きますわ。

———————————–、—————————————————–

今年の2月からこのブログをスタートし、多くの皆様に私の拙い、誤字、脱字のある文章を読んでいただき有難うございました。

最初は続けていけるものなんだろうかと不安でいっぱいでしたが、あれよあれよという間に1年が迫りつつあります。

私のゴルフの初スコアは219。

ホント、ボールにまともに当たった記憶は無く、暑い夏の炎天下、コースを走った記憶しかありません。

一生懸命練習しました。

でも、100切りの壁にぶち当たり、一度100を切っても、中々安定90台には突入できず。ホント、何度も90台と100台を行ったり来たり。

で、90台から80台も同じような感じです。ゴルフは簡単なんて、一度も思ったことありません。

でも、難しいけどやっぱりおもろい。

ゴルフの上達スピードは亀でも、得るものはそれ以上にありました。

だからこそ、単身赴任も前向きにやって行けているんだろうなぁと、勝手ながら思っています。

来年も、仕事に追われながら、関西人の視点で、ゴルフや単身赴任、東北グルメの紹介を続けていきたいと思います。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

そして来年もこのブログ共々、よろしくお願いします。

関連記事>>>ゴルフのプレイ中に意識するのはライバルか?それとも自分の目標スコアか?