ゴルフ

ゴルフをプレイするメリットとは?

新年、明けましておめでとうございます。本年もブログ共々、よろしくお願いします。

さて、令和2年となり、気分も一新。昨年出来なかったこと、今年チャレンジしたいこと、色んな思いを目標として設定するには、1月1日、元日が一番良い日です。

私も、諸処様々思い返していますが、ゴルフを始めて、23年目に突入するこの日、何故こんなにゴルフを長く続けられているんだろうと改めて思いました。

長く続けている理由、それは自分にとって何がしらかはまる理由があると言うこと。

そこで今回は、ゴルフをプレイするメリットとは?をご紹介します。

取引先の担当者との距離を大幅に縮める事が出来る

取引先の担当者がゴルフをプレイする事は、以前ほど無くなってきましたが、年齢の高い要職者ほどプレイする率が高い状況です。

営業職であれば、関係強化のため、仕事以外で如何に打ち解けられるのかが重要なポイント。ゴルフは、非常に良い潤滑油となります。

何故ゴルフをする事で、距離を縮める事ができるのか。

それは、

①ショットする時間はわずかで、それ以外の時間は、コミュニケーションがとれる時間となる
②ゴルフはその人の人格を表すスポーツ
③上達するまでには、ショット技術やコースマネジメントの向上があり、スコアをまとめるのが難しく、上手な人ほど一目置かれ、結果的に仕事でも一目置かれるようになる

事で、結果として距離を縮める事が出来るようになるのです。

関連記事>>>若いゴルフ初心者が上達の壁を乗り越える方法とは?

知らない人とゴルフを通じて仲間になれる

共通の趣味を持つ人同士が友人になることは、ゴルフに限った話ではありません。ただゴルフは、ラグビーやサッカーのように、大勢の人が集うことや走りきる体力が求められるスポーツではありません。

ゴルフをプレイするには、人数は最大4人で、ショットするのはわずかな時間と言うこともあり、一度ある程度まで上達してしまえば、ゴルフを継続してやっていくことは、他のスポーツと比較してやりやすいことも事実。

そんなゴルフを通じて、一度仲間になると、長きにわたって共にプレイし続けることが可能です。

かくいう私も、取引先で出会った、利害関係の無い他メーカー担当者と、ゴルフを共にする「月イチ会」を合計8年間継続。

昨年12月末には、約2年ぶりに共にプレイし、お互いの健在、堅実プレーを確認。和気あいあいで大いに話も盛り上がりました。

関連記事>>>ゴルフ初心者にオススメのゴルフクラブとは?前編

単身赴任の空いた時間に1人で没頭できるスポーツ

ゴルフは練習場で1人で行い、プレーは2人以上集まらないと出来ないスポーツというのは、一昔前のもの。

ゴルフは平日、自宅で練習器具を使って練習し、週末は1人でショートコースや早朝、薄暮のハーフラウンド練習プレイ。本番ラウンドは、予約サイトの1人予約でプレイするのが現在のゴルフスタイルです。

単身赴任であれば、休日の過ごし方は自分次第。

如何にして充実の休日を過ごすことが出来るのかは、自分の時間の使い方が大きく影響してきます。

結果として、自分の時間の使い方が上手くなるばかりで無く、ゴルフや生活費を含めたお金の使い方も上手くなってきます。

関連記事>>>ゴルフ初心者にオススメのゴルフクラブとは?後編

自分のスイングに合うドライバーやアイアンなどの道具を探す喜び

ゴルフは道具への依存度が非常に高いスポーツです。

なので、こだわる箇所が他のスポーツの道具と比較して非常に多いのも事実。

例えばドライバーでは、ヘッドの形状、体積、重心距離の長さから、シャフトの重さ、堅さ、キックポイントの位置、グリップの太さや形状、そして自分の好きなブランド、メーカーのモノかどうかなど、こだわり出せばきりが無いくらい。

でも、買い物全てに共通して言えることですが、購入前に悩んだり、競合商品との比較したりする時間が、非常の楽しいのです。

また、ゴルフ仲間に助言を求めたり、アドバイスしたり・・・。それもこれも好きなゴルフやゴルフ仲間の為に喜んでするもんですな。

好きなゴルフ道具を購入するためなら、昼飯代を削って貯金する人も大勢います。

限られたお小遣いから、如何にして上手くなれるのか、そのやりくりと自分に合う道具探しは、ゴルフをプレイし続ける限り、ずうっと続きます。

関連記事>>>ゴルフ用品を購入する最適な時期と、新品、中古どちらが良いのか

まとめ

一方でゴルフは、他のスポーツと比較しても、お金のかかるスポーツでもあります。

しかし、そのデメリットを差し引いても、前述のように、メリットの多いスポーツであることも事実。

かくいう私も、ゴルフは難しく、お金のかかるスポーツであることを理解しながら、今まで一度もやめたことも、やめようとしたこともありません。

結婚して、子供が生まれて、お小遣いがかなり限られてきても、なにがしらかを一方では削って、継続してきています。

このブログを読んで、もし、ゴルフをやってみたいと思うならば、是非やってみましょう。

最短で上達する方法や考え方は、ゴルフカテゴリーの中に、今までもこれからも記事をアップしていきます。

案ずるより産むが易し。

今年こそゴルフを練習して、コースに出て、ゴルフを思う存分楽しんでみましょう~。

関連記事>>>ゴルフを効率よく上達する私が出会った思考回路とは?