ゴルフ

ゴルフのプレーファーストのメリットとは?

「仕事が出来る人」は、つまり仕事の段取りがスピーディにできる人。何故なら、トラブルや懸念材料など、先を見越してサクサク段取りできる人は、結果も自ずとついてくるからです。

ゴルフも然り。サクサク早くプレーすることで、様々なメリットを感じることが出来ます。

今回は、プレーファーストのメリットをご紹介します。

過度な素振りも、ショットの結果は変わらない現実

早朝ハーフで、前でプレーする人を後方から眺めていると、ショットを打つ前に、やたらと素振りをしている人に限って結果は悪く、逆にサッと打つ人ほど、結果が良い傾向にあることを感じます。

何故素振りを繰り返しているのに結果が良くないのか。

結論は、素振りをすればするほど、結果に期待したり、スイングに緊張したり、考えたりすることが邪念に繋がり、結果として、ミスショットに繋がるからです。

私も経験がありますが、ドライバーで「飛ばしてやろう」と煩悩が働いた時ほど、素振りを繰り返し、ボールを打つまでの時間が長くかかります。

この段階ですでに力みが自分の中に生じており、普段のスイングの再現が難しくなるというわけですな。

逆に「そこそこでいいや」と思うと、素振り自体に執着が無くなり、サッと打てるようになります。結果はサッと打つ方が良いと実感しています。

普段の練習で培われた自分のスイングは急に変わるものではありません。余計なことを考えず、自分のボールのところに来たら、素振りをせずにサッと打つ。

私もかつては「ルーティン」実行者でしたが、素振りをせずにサッと打つことを実践して、好スコアにつながると、途端に「ルーティン」をやめました。

関係記事>>>ゴルフのマイボールは、ディスタンス系とスピン系、新品、ロストボールのどちらが良いのか?

グリーン上の過度なルーティンも、結果は変わらない現実

グリーン上では必ず手袋を外し、ラインを丁寧に読んで、素振りを繰り返ししてから、打つという「ルーティン」を繰り返している人が多いと思います。

でも、その「ルーティン」を大事にしている人と、サッと打っている人では、後者の方が結果としてカップインしたり、外しても後に引かない人が多いです。

何故なら、「ルーティン」をやっている間に、「入れたい、入れたい」という強い思いが募り、ショットと同様に打つまでの時間が長くかかりすぎて、普段の力みのないパターが再現できないからです。

ある程度のラインや距離感を打つ順番が回ってくる前に体で感じたなら、あとはサッと打ちましょう。入らなくても、命まで持っていかれることはありません。

関係記事>>>ゴルフ用品を購入する最適な時期と、新品、中古どちらが良いのか

ゴルフでも変化させられるのは自分だけという現実

ゴルフでは、だらだら歩いたり、一つ一つの動作が遅い人で、上手なゴルファーは、いまだにお目にかかったことがありません。

仕事でもそうですが、颯爽と、何事もサクサクやる人の方が、まさに出来る人です。

フェアウェイも、頭ではスイングやコースマネジメントの事を考えながら、足は早歩きで、リズムよくプレイしましょう。

時短にもつながり、その後のアプローチ練習やパター練習に費やせる時間が増えます。

また、ゴルフ場は共有しているスペースと捉えましょう。自分も後続の人も、等しく同じ料金のプレー費を支払っているわけです。

自分の遅延行為が、ひいては他の人の迷惑につながると考えれば、過度な「ルーティン」の減少にもつながります。

ゴルフ場のコースや自然は変わりません。自分の意識を変えることで行動がかわり、結果が変わります。

ゴルフは好スコアであがってなんぼ。

ぜひ一度、試してみてください。

関係記事>>>ゴルフクラブの売買は、オークションとショップのどちらが良いのか?

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。