ゴルフ

ゴルフスコアを効率よく縮めるゴルフクラブとは?

ゴルフをプレイするに当たって、クラブを選択した理由は、人それぞれ理由があります。

「先輩にもらったから」「自分の好きなメーカーやブランドだから」「顔がかっこいいから」などなど・・・。

私も、格好の良いクラブで一生懸命練習し、プレイもしてきましたが、90の壁を越えられるようになったきっかけがありました。

そこで今回は、ゴルフのスコアを効率よく縮めるためのクラブをご紹介します。

90台でプレイしていた時のゴルフクラブ

私が以前使用していたアイアンはミズノのMP-54、アプローチとサンドはヤマハのRMX ウェッジ。

ショップでライ角を自分のスイングに合わせてもらうフィッティングを初めて受けたクラブでした。

当時の選択理由としては、

①MPシリーズの中では比較的優しいという評価であったこと
②芯を食った時の打感が何とも言えない心地よさ
③見た目のカッコよさ
④MPシリーズを使っているという所有欲

であったと思います。

自分の欲しいアイアンを手にした当時、練習にも熱が入り、週2回ゴルフ練習場に通いました。

1球ずつ、狙うグリーンを代えてアプローチしたり、アイアンショットを練習していましたが、年間で80台は1回もでず、平均が90台後半で、たまに100叩きする状態でした。

関連記事>>>ゴルフで夏の暑い時期をうまく乗り切る方法とは? 

80台でプレイする為に必要なこと

「安定的に80台のスコアで回るためには、何が必要なんだろう?」という疑問を解消すべく、自分のスコアから叩いたトラブルの原因を分析してみると

①OBや池ポチャによるスコアの浪費
②アイアンやアプローチでここぞという時にダフリやザックリでスコアを浪費
という事が見えてきました。

特に②のトラブルを起こした時のダメージは、精神的にも、スコア的にもかなり大きいので、②のトラブルを出来るだけ少なくするための道具として、現在でも使用しているPINGのG-MAXアイアンを6IからSWまで購入しました。

MP-54と比較して、MP-54の方が優れている点は
①芯を食った時の心地よい打感 
②見た目のカッコよさとMPシリーズを使っているという所有欲

MP-54と比較して、PING G-MAXが優れている点は、
①ワイドソールにハイバウンスの為、ダフリやザックリのミスに非常に強い事
②重心距離がMP-54よりも長く、シャットフェイスをマスターすれば、更に飛距離アップが目指せること

でした。

関連記事>>>ゴルフスコア100を切るための方法とは? 前編

80台でプレイする為に必要なクラブの条件

この「ミスに強い」「自分を助けてくれる」というのが、スコアを縮める上で重要なポイント。

つまり、いくら打感が良くても、いくら自分の所有欲を満たしてくれても、それらはスコアに全く貢献してくれないという事です。

逆にいえば、ぱっと見が不細工でも、ミスに強い道具こそが、スコアに貢献してくれるという事なのです。

例えば、アプローチウェッジやサンドウェッジは、プロの影響もあり、今や単体モデルを購入する人が多いですが、おススメなのが、シリーズもののAW、SW。単体モデルよりも相当、ミスに強く簡単です。

結果として、100叩きはなくなり、平均も90台前半で、80台のスコアも年間に何度か出始めました。

道具を選ぶ際の基準は、勿論人様々ですが、スコアを縮めるには、不細工でも優しい、ミスに強いクラブをおススメします。

関連記事>>>ゴルフスコア90の壁を乗り越えるコースマネジメントとは?前編

関連記事>>>早朝ハーフラウンドのメリットとは?前編

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。