ゴルフ

ゴルフでナイスショットは好スコアに繋がるのか?

しっかり練習場で打ち込み、本コースでナイスショットを打つと、「一生懸命練習した甲斐があったなぁ」と思い、気持ちがいいもんですなぁ。

”努力した事が報われる”。

仕事でも何でもそうですが、中々そういう場面に出くわすことはありません。

起こらない事だからこそ、実際報われた時の喜びは格別というモノ。ただ、その”報われた時の喜び”が、得てして全体像を見失わせてしまうときがあります。

ゴルフは「好スコアで上がってなんぼ」。自己満足と好スコアを出す為に必要な考え方とのギャップを客観視する必要が出てきます。

そこで今回は、「ゴルフでナイスショットを求める必要があるのか」をご紹介します。

ナイスショットのメリットとデメリット

ゴルフ練習場で一生懸命練習していると、どうしてもこだわるのが「ナイスショット」。

「ナイスショット」を打つと、打った瞬間の手に伝わる打感の良さ、ショット時の音、そして弾道を目の当たりにします。心の中で「してやったり」の充足感や満足感に浸れ、一生懸命の努力が報われた瞬間と感じるゴルファーも多くいます。何を隠そう、私もそうでした。

つまり、ナイスショットのメリットは、自分の満足感を高めるものといえます。

では、そのナイスショットがゴルフで一番大事な好スコアに結びつくのか?

答えは、グリーンから遠いショットでいくらナイスショットを打っても、好スコアとは結びつきません。かつての私の場合、特にドライバーがナイスショットだったのに、100が切れないという悩みに陥っていました。皆さんもそんなことありませんでしたか?

つまり、ナイスショットのデメリットは、好スコアに貢献しないということ。

まずこの事実を理解する必要があります。

関係記事>>>ゴルフスコア90の壁を乗り越えるコースマネジメントとは?前編

ナイスショットが好スコアに貢献しない理由

では何故、ナイスショットが好スコアに貢献しないのか。

例えばドライバーの場合、ドライバーショットはナイスショットを求めるモノでは無く、ミスショットをしない事を目標とするショットだからです。

つまり、ドライバーショットは飛距離は200ヤードぐらい飛べば良しとした上で、チョロ、OB、1ペナといったスコア浪費を回避させ、2打目でグリーンをしっかり狙える場所までボールを運ぶことを最大の目的とするショットだからです。

かつて100を切れなかった頃の私は、ドライバーで届きもしない250ヤードを飛ばそうとしてマンブリショットを重ねていました。ドライバーでナイスショットした時は、まさに目指した250ヤード近辺に着弾。

しかし、そのナイスショットの前には、多くのOBを打ち込んだ塁類の屍ショットが存在します。その存在を無視して、一度きりのナイスショットの喜びを噛みしめる・・・。今から考えれば、100切りなんて、とても無理な思考回路でした。

逆の場合もあります。

会心のドライバーナイスショットで、突き抜けOBがまさに好例。「ええあたりが、こんな不運に見舞われるなんて・・・」。と周囲に言い訳し、「ナイスショットだから嘆く必要が無いよ」と慰められても後の祭り。適切なコースマネジメント、状況判断が出来ていない証拠を周囲にさらすだけですな。

つまり、ゴルフプレイにおいて、全てのショットがナイスショットを求めるモノでは無いと言うこと。

グリーンから遠いドライバーショットやロングのセカンドショットは、言わば”ミスをせず、前進させる事を目的としたショット”であり、ナイスショットを求める類いのモノでは無い事を理解する必要があります。

関連記事>>>ゴルフスコアから自分の課題を見つける方法とは?

アマチュアがショットで求めることは何なのか?

では、実際のコースのプレイで「ナイスショット」を求める必要があるのか?

結論は、グリーンから遠いショットでは、ナイスショットを求める必要性はありません。逆に目指すことは、ミス無く前進させるショットでグリーン前、もしくはグリーンにボールを運んでいくこと。無駄なスコア浪費に繋がるショットを少なくするだけで、好スコアに近づくことが出来ます。

また、「ナイスショット」を目指すよりも、「ナイスショット」と「ミスショット」の飛距離差を出来るだけ縮めてプレイすることも重要なポイント。

例えば、セカンドでグリーンのピンまで残り140ヤードの状況で8Iをショットする場合、ナイスショットで140ヤード、ダフって90ヤードならば、ダフっても120ヤード飛ばせる”ミスに強いアイアン”を使用する事で、ナイスショットとミスショットの飛距離差を縮めることが出来ます。

では何故、飛距離差を縮めることが重要なのか。

それは3打目を考えたとき、ミスした時の残り50ヤードと20ヤードでは、ピンに寄せて1パットで上がる可能性に大きく開きが出てくるからです。

残り50ヤードほど厄介なものはありません。何故ならSWである程度しっかりボールにコンタクトしながらも、コントロールしなければならないわけで。

ピンまでの距離を見た自分を想像してみて下さい。結構プレッシャーがかかってくる自分がいるのに気がつくと思います。

その状況下で、ピンに絡むナイスショットを打てるのか。

実は、ドライバーショットやセカンドショットでナイスショットを放つよりも、更に難しく感じる自分がいると思います。何故なら、ザックリ、トップと言ったミスを誘発させる可能性が更に高まる状況であるからですな。またまたやらずもがなのスコア浪費1打につながります。

では、残り20ヤードはどうなのか。転がしアプローチがギリギリで使用できる距離なので、残り50ヤードと比較するとまだミスをする可能性が低くなります。

ナイスショットとミスショットの飛距離差を縮めること。これは、好スコアで上がるためには絶対必要な要素になってきます。

関係記事>>>早朝ハーフラウンドのメリットとは?前編

ナイスショットが好スコアに繋がるのは何打目か

ゴルフで1打目になるドライバーで、ナイスショットが欲しいと思うゴルファーは数多くいる事でしょう。確かにドライバーでかっ飛ばし、飛距離を稼いだ時の充足感は、何物にも代えがたいものがあります。

ただ、前述したようにドライバーのナイスショットは、スコアに貢献しません。つまり、そのホールをパーで上がれる事とは直結しないのです。

ナイスショットの確率で考えてみましょう。我らアマチュアの技量では、連続して2打、3打とナイスショットが続くでしょうか?答えは、続かない。つまり、最初にナイスショットの1打を使ってしまうと、グリーンに近づくにつれて、ミスショットが出る可能性が高まります。

ならば、ナイスショットが一番欲しい局面は、セカンドでグリーンを狙うショット。もしくは3打目のアプローチと言うことになります。

セカンドショットや3打目のアプローチの「ナイスショット」で、ピンに近いところにボールを止めることが出来れば、パーチャンスは巡って来て、結果として好スコアで上がれるチャンスは多くなってきます。

関係記事>>>ゴルフを効率よく上達し、スコアを縮める為の方法とは?

そこそこのショットを繋いでスコアを上げる

1球で仕留めなければならないコースでは、全てのショットに「ナイスショット」を求めず、そこそこのショットを繋いでミスを減らすこと。これこそが好スコアに結びつきます。セカンドショットでナイスショットでなくても、グリーン周りに何とか運んで、3打目のアプローチでナイスショットを目指せば、好スコアのチャンス到来です。

繰り返しますが、そこそこのショットとは、ザックリやトップ、OBといった致命的なミスショットではなく、そこそこの飛距離で、次打が打ちやすいところならOKという結果のショット。

あまり自分に期待せず、そこそこのショットで繋いで、最後はしれっと好スコアで上がる。

芝の上からの練習で、そういう思考回路でプレイを続けることで、成功経験値を積み重ねていけば、おのずと実践できるようになります。

是非試してみてください。

関係記事>>>ゴルフスイングを効率よく上達するための練習器具とは?

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。