単身赴任

クルマの突発トラブルで思う JAFと任意保険のありがたさ

10月22日は、即位礼正殿の儀の日です。

国民の祝日となり、いざゴルフへと思っていましたが、残念ながら終日雨模様。ゴルフは今週末にお預けとなりました。

こんな日は、ドーミーイン シーサイド仙台にある「天然温泉 海神の湯」で、普段の日の疲労を取ろうと車で向かいましたが、何と愛車の故障が発生。

いざという時のJAFと任意保険のありがたさを痛感する結果となりました。

そこで今回は、車の突発トラブルで思う 任意保険とJAFのありがたさをご紹介します。

いつ起こるか分からない車のトラブル

私の愛車は現在12年目。走行距離も13万キロに間もなく到達する年季モノの部類に入ってきました。

先般受けたディーラーでの車検時にも、「これからは、様々なトラブルが発生してくる時期。修理代もかさんで来るので、ぜひ乗り換えを検討してみてください」と言われていましたが、先立つものが無く、中々買い替えることが出来ません。

出来れば、次の車検までトラブルなく、過ごせればと思っていましたが、ついにこの日がやってきました。

「天然温泉 海神の湯」で、いつものように疲れを癒し、「ジョジョの奇妙な冒険」で心もリフレッシュし、さぁ家に帰ろうとキーを回すと、エンジンがかかりません。

うん?バッテリーが上がったのかなぁと思い、再度キーを回しても結果は同じ。

ライトやメーターは点灯しているし、バッテリー上がりでもない。

何が理由かさっぱりわからず、早速JAFに問い合わせをするも、電話の混雑さも相まって、中々つながらない状況に。

アプリをダウンロードし、救援依頼事項を記入。救助を要請しました。

JAFが到着するも原因わからず

「天然温泉 海神の湯」で再度「ジョジョの奇妙な冒険」を読みJAFの到着を待つこと約1時間。

ようやく訪れたJAF担当者に調べてもらうと、バッテリーに異常は見られず、燃料もあるので、燃料ポンプ系の故障が考えられるとの事。

この場では対応できないため、ディーラーまでけん引し、故障を直してもらう事になりました。

その際、JAF担当者から言われたのが、任意保険会社にけん引してディーラーに持っていく事と代車の手配を今すぐ電話して伝えておいた方が、後々スムーズに事が運ぶという事。

早速、任意保険会社に連絡し、翌日からの代車を手配してもらう事になりました。

JAFと任意保険のありがたさ

JAF会員の場合、レッカー移動で15キロ未満であれば、レッカー費用は掛からないとの事。

実際、今回ディーラーまでのレッカー移動距離は15キロ未満だったので、料金は発生しませんでした。

ディーラーに到着し、代車手配が可能かどうか尋ねたところ、台風19号の水害で、多くの代車が出払っており、皆無の状態との事。

任意保険会社に代車を手配してもらったことが、ここで生きた格好となりました。

後日ディーラーから連絡があり、故障の原因は、JAF担当者が言っていた通り、燃料ポンプ系のトラブルで、修理・返却までの2週間はかかる見通しとの事。

クルマが無ければ、通勤にも使えず、大変な憂き目にあうところでした。

ホンマに良かったぁ、JAFと任意保険に加入しておいて・・・。

ちなみに、今回の故障トラブルによる保険使用に伴う等級落ちは無いとの事でした。

最大30日まで代車を借りることが出来るので、その間に車が修理され、戻ってくれば、追加でレンタカー会社に支払った保険料金のみで乗り切る事が出来ます。

発生して初めてその有難さが分かるJAFと任意保険。

出来ればお世話になる事は避けたいもんですが、きちんと対応できれば、生きた結果が返ってきます。

是非、参考にしてみてください。