ゴルフ

アプローチやパットの距離感を養う方法とは?

我々アマチュアが、ゴルフのスコアを改善する為に、最優先で取り組みたいのが、アプローチとパッドの精度。

グリーン周りからの得意パターンを構築できれば、初めてのゴルフ場でも、堂々とコースと対峙できます。そのアプローチ、パット共にもっとも重要なのが、距離感。

そこで今回は、アプローチとパットの距離感を養う方法をご紹介します。

距離感は、スイングの幅ではなく、背中と体の奥にある感覚で養う

ゴルフレッスン書には、距離感を養う方法として、スイングやパットのふり幅で練習しましょうとよく記載されています。

私も以前、そのように練習をし、コースに出ても実際にやっていましたが、正直、ふり幅で距離感を調整した場合、誤差の範囲が大きく、どうしても1ピンや1パット圏内にボールをよせたりすることはできませんでした。

理由は、体の前側である、ふり幅で覚えることが出来なかったからだと思います。
その代わりに私が距離感の軸としているのが、体の裏側にある「背中」と「体の奥にある感覚」です。

例えば、グリーンのピンからボールまでの距離が55ヤードという中途半端な距離の場合、どのくらい背骨を軸とした背中を捻じれば、グリーンに乗せることができるのかを自分の中でイメージします。

では何故、スイングの幅ではなく、背中の捻じれだけを意識するのか。

答えは、背中の捻じれを意識したアプローチの方が、ザックリやトップを防ぐことが出来る事に気が付いたからです。

勿論、「ゴルフの竪琴」「スーパーシャットくん」を使用した、日々の練習の取り組みの継続で、シャットフェイスになる手首や関節の使い方を、頭で考えなくても、体で再現できることが前提になりますが、意識を胸や腕、関節といった体の前側に持ってくると、何故か、ザックリ、トップが出てしまうのです。

これはあくまでも推測ですが、体の前側に意識を持ってくると、人間の微細な調整力で、勝手に体の色んな箇所が動いてしまうためでは、と今では考えています。

逆に体の裏側である背中に意識を持ってくると、大きな筋肉を使うため、人間の調整力が大きく影響せず、ザックリやトップを防ぐのではないかと考えます。

関連記事>>>ゴルフの自宅練習は、どのくらいの頻度で練習すれば良いのか?

距離感を養う「体の奥にある感覚」を鍛える

背中の捻じれを意識したアプローチやパットを繰り返していると、自然と距離感を覚えてきます。

それは、背中で覚えるというよりも、背中とつながっている「体の奥」にある感覚です。

アプローチの場合、グリーンに向かって歩きながら、ヤード杭とボールとピンの位置を目で確認し、大体55ヤードやったら、これぐらいの背中の捻じれぐらいかなぁ、というイメージを頭に描きます。

そして、実際に背中を捻じるのではなく、体の奥の感覚でイメージします。具体的には、頭でイメージした自分の背中を自分で見ながら、これぐらい捻じるかなぁとイメージした後に、実際の背中を動かすイメージにつなげます。

素振りは、ボールの前に行って、ライの確認をする程度。距離感の確認は、ふり幅で調整していなので、イメージに任せています。

で、大体自分の落としたいイメージしたところに安定してボールを運ぶことが出来るようになりました。

大きな筋肉と感覚で覚えた距離感は、中々忘れるもんではありません。

ふり幅は視覚的には分かりやすいですが、記憶の積み重ねによる経験値の向上が適している私にとって、残念ながら合っていませんでした。

関連記事>>>芝の上からの練習でおススメのゴルフグッズとは?

アプローチ、パットともに芝の上からの練習に勝るものは無し

では実際に練習場で鍛えることが出来るのか。

1球ずつ、目標を変えて練習を行うなど、工夫すればもちろん上達しますが、おススメはやっぱり芝の上からの練習でしょう。

ゴルフは1球で仕留めなくてはなりません。その練習現場は、コースでしかありません。

様々なライやピンまでの風景、風、色んなものを感じながら、1球ごとに丁寧にアプローチに取り組む。この継続こそが、確実に上達にする方法です。

是非、試してみてください。

関連記事>>>マジックマリガンユーティリティの実力とは?

体が疲れたときのオススメグッズ

以前、接骨院で治療を受けたときに、痛めた患部に貼付して使用してくださいといわれたのが、「クーリンプラス」。

その力で、今では日帰り温泉に中々行けず、ゴルフや仕事で疲れがたまってきた時に肩や背中に貼って寝れば、背中の疲れがとれてまた頑張れるスグレモノです。

 製造元の株式会社吉田養真堂のHPには「天然メントールを使用した貼付材です。天然ゴムや樹脂等を使用し、優れた貼り心地です。肌に優しくかぶれが少ない素材にこだわりました。」と紹介されています。

実際長年使用していますが、かぶれたことは一度もなく(個人差があると思います)、ある程度の粘着力もあるので、寝返りをうったぐらいでは剥がれません。

ゴルフで疲れた時や、普段のちょっとした疲労回復には大いに役立つアイテムです。